anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

時間回廊の殺人

2017年作品、イム・デウン監督、キム・ユンジン オク・テギョン チョ・ジェユン出演。

1992年11月11日。 ウィルン洞34番地にひっそりと佇む家で、殺人事件が発生する。 夫と息子を殺害した容疑で逮捕された妻ミヒ(キム・ユンジン)は無実を訴え、息子の遺体も見つからなかったが、懲役30年が求刑される。
25年後、すっかり歳を取ったミヒは仮釈放の身なので、外出は制限され、刑事が見張りについている。 そして、決められた日に、チェ神父(オク・テギョン)が訪問をして、心理的なケアをしている。 彼は大変優しくミヒに接してくれる。
廃屋のようになっていた自宅に戻ってきたミヒ、彼女はどうしても行方不明になった息子を探したい一心で事件が起きた家へと戻ってきたのだった。 家は長年放置され、激しく老朽化していたが、ミヒは “あの時”  と同じ何者かの気配を感じ取る。
あの日、ミヒの一家は、少し前の二男の死に家族全体がよどんでいた。 特に長男は自分の責任を感じていた。 夫のチョルジュン(チョ・ジェユン)は再婚で、長男はミヒの子、次男はチョルジュンの子だった。 兄弟は仲が良かったが、チョルジュンはやはり自分の子の方を露骨に可愛がっていた。
しかし事故に遭った日は、二人で友達の家に行き、次男が先に帰ったのだった。 彼は、一人寄り道をして、川で亡くなったのだった。
そしてあの日、地下の物置で、長男の悲鳴を聞いたミヒが、駆けつけると体に包丁が刺さった夫を発見、そしてその近くに長男の姿を見たのだが、長男は地下のドアの向こうに吸い込まれるように消えてしまったのだった。 そしてこのことは誰にも信じてもらう事は出来なかったのだった。
チェ神父はこの家に何らかの問題があるのではという事を感じていた。 そして彼は、この家の過去を調べ始めるのだった…

25年前の殺人事件の真相をたどるサスペンス、しかしちょっと心霊的な要素も感じる作品でした。
監督はイム・デ ウン、オムニバスの 「ホラー・ストーリーズ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13464358.html の 「恐怖のフライト」 を担当していました。
主演はキム・ユンジン、「国際市場で逢いましょう」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15089061.html でヨンジャ役でした。
そしてオク・テギョン、いい男、初めて見る俳優さんでした。
夫役にはチョ・ジェユン、「監獄の首領」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15349966.html に出演していました。

物語は、25年真に起きた夫殺人、そして息子の行方不明事件で、二人を殺した容疑で懲役30年を受けた主人公ミヒが仮釈放になったところから始まります。 どうやら彼女も体を悪くしていて、老い先短いことが何となく描かれている感じです。
しかしその25年前の事件は、どう考えても彼女の犯行ではないことが描かれ、ならば一体、誰が夫を殺したのか? そして消えてしまった息子はどこに、そして誰が連れ去ったのか?
彼女はとにかく実の息子を見つけたいんですね。 息子はどこかで生きている、彼女はそう確信しているので、まずはこの朽ち寂れて廃屋のような家に戻ってきます 。
そして、何か人の気配を感じるんですね。 実は25年前に、この家はダメだと忠告をしてくれる女性がいました。 そして彼女は初めに、その家の方角を見る専門家を呼ぶんですね。 
地相学というんでしょうか? 向きの悪い家があるようですから。 しかしその男は私の手におえないと言って逃げ帰っていきます。
そしてあやしげな祈祷師に依頼を彼女はしていきます。 盲目の女性で、妹が助手をしている二人ですが、この時に、異様な光景を見てしまうミヒ、あまりの恐ろしさに、途中で打ち切ってしまい真相がわからず、そして一家に不幸が起きていくんですね。
これはホラー要素のシーンは結構怖いところです。 しかしだんだんそれ以上に悲しい出来事が明かされていくんですね。 韓国作品はここまで来たかという凝ったつくりのお話でした。

イメージ 1
我が家に帰ってきたミヒ

イメージ 2
彼女は長男と

イメージ 3
夫の連れ子の次男

イメージ 4
そして夫と4人暮らしだった

イメージ 5
しかしあの家はおかしいという女性がいた

イメージ 7
地下室、そこが現場だが、神父はミヒと一緒にいく

イメージ 6
神父はあの家の過去を調べ始める

イメージ 8