anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた

2016年作品、波多野貴文演出、多部未華子主演。

恋愛シミュレーションのゲームプランナーとして働く白野莉子(多部未華子)は、現実のオトコに興味がない妄想女子。 恋愛には目もくれず、自分の理想を詰め込んだゲームシナリオを書く毎日を送っていた。
しかしそんな彼女が転びそうになった時、助けてくれたイケメン男性が現れる。 彼は緑谷拓(志尊淳)といい、お互い見つめ合ってしまう。 しかしその時は彼は名前も告げずに行ってしまった。
彼女は、新しいアプリの製作で、ある会社でしばらく仕事をすることになった。 そこに現れたのがワンマン社長の黒川壮一郎(高橋一生)と、あの緑谷だった。 思わぬ再会にドキドキする莉子だったが、進んでいたアプリに強烈なダメ出しをする壮一郎。
ここは、壮一郎の鶴の一声で決まる会社で、社員は震えあがったが、仕事に対しては遠慮のない彼女は、敢然と社長に対してタンカを切ってしまう。 この会社は彼はイケメンで仕事もできるハイスペック男子そのものだったが、おもわぬそんな莉子の反撃にその場の雰囲気はガラッと変わるのだった。
数日後、アプリの開発にGOサインが出る。 彼女の痛烈な反撃が効いたのか?
そして、仕事で手を組んだふたりだったが、壮一郎の正体は女心が1ミリもわからない 「残念男子」 だった。 会議で莉子に失礼な発言をしまくる壮一郎に対し、莉子も譲らず大喧嘩に発展していく。
しかし、壮一郎自身も、ただの残念男子かと思いきや部下の桃瀬(大政絢)へ想いを寄せる 「片思い男子」 の一面も持っていた。
そして、莉子は自身の妄想を武器に壮一郎に恋愛アドバイスすることになっていく。すると壮一郎は桃瀬と仲を深めることに成功するが、一方の莉子も壮一郎を異性として意識し始めていた…

今回は映画ではなく、昨年のクリスマス作品としてドラマ化になっていたお話です。
演出(監督)は波多野貴文、テレビ畑の方ですが、映画は「SP」で2作品撮っています。
主演は多部未華子、近作「あやしい彼女」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14026876.html の歌声は見事でした。
相手役は高橋一生、今売れっ子俳優の彼ですが、来年初頭に新作映画も公開されますね。

物語は、キャリアウーマンというより、ちょっと職人的な立場の白野莉子と、ワンマン社長との恋愛作品ですね。 ゲームプランナーという独立した仕事で生きている彼女は、こういった開発会社と契約をして開発に参加していくようですね。 社員も抱えていますが、外部参加もあるんですね。
私がやっているアプリではありませんが、「龍が如く」 シリーズなどは、SEGAでもう独立組織になってしまっていますから、巨大な感じがしますが、社員がヒット作を出すと、会社からちょっと独立していくって感じですか?
今作はスピードと収益を求めるアプリの製作、そのために適材適所でプランナーを起用していくっていう感じなんですね。
莉子は妄想癖があり、これが仕事に役立っている感じ。 ここが楽しくできていますが、それをまさかワンマン社長の恋愛指南になっていくとは。 しかし二人の波動がどんどんあっていく、それを壮一郎はなかなか気が付かないところが、もどかしくも可愛いところ。
映画化しても良い作品でしたが。

イメージ 1
王子様出現?

イメージ 2
そして新しい仕事先で再会

イメージ 3
そこはワンマン社長のアプリ会社

イメージ 4
しかし彼の恋の指南役に

イメージ 5
そして二人の関係の近くなっていき

イメージ 6
同窓会でのピンチを救ってくれる

イメージ 7