anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

新感染 ファイナル・エクスプレス

2016年作品、ヨン・サンホ監督、コン・ユ主演。

ある韓国の村で、伝染病が侵入するのを防ぐ作業に伴って地域を封鎖していた。 そこへトラックが入ってくるが、その後トラックはどこからか飛び出してきた鹿を撥ねてしまった。 トラックが通り過ぎた後には鹿の死体だけが残ったのだが、なぜか鹿が死んだ後にむっくりと起き上がる。
ソウルにある会社の敏腕ファンドマネージャー、ソグ(コン・ユ)は、いつも多忙な仕事があるという状況だった。 その中で、娘スアン(キム・スアン)の誕生日は忘れてはいなかったので、部下のキム代理(キム・チャンファン)に今の子供は何に喜ぶかを聞いて、Wiiを買って家に帰るのだった。
しかし、スアンはすでにWiiを他の人から “こどもの日” に貰っており、父であるソグはスアンのこともよく見れていないのだと思い、後ろめたさを感じてしまう。
他に欲しいものが無いか尋ねるソグにスアンは、釜山にいるお母さんの所へ連れて行って欲しいと頼む。 家庭を顧みず仕事を優先させてきたソグは妻とは別居していた。 ソグは仕事が忙しいからできないと最初は断ってしまう。
しかし祖母(イ・ジュシル)からも授業参観に来てくれなかったことを寂しがっていると聞き、スアンの頼みを聞き、母に会うためソウル発、釜山行きの高速列車KTXに乗ることにするのだった。
しかし発車間際、苦痛を訴える一人の女性が、車掌が見ていない一瞬に乗り込んだのを、誰も気が付かなかった。
ソウルからプサンへ向かう高速鉄道KTXの車内には様々な人間が乗っていた。 妊婦のソギョン(チョン・ユミ)と夫のサンファ(マ・ドンソク)、高校野球のチーム、熟年旅行の姉妹、そしてなぜか焦って釜山に移動しようとする中年の男。
そこで社内のトイレに誰かがこもっているという連絡が入る。 それはホームレスの男(チェ・グイファ)で、何かにおびえていた。 そんな時、最後に乗り込んだ若い女性がいびつな動きを見せ苦しみだす。 
女性乗務員(ムン・ヘヨン)が助けを求めていると、いきなりその女が襲いかかってきて乗務員を噛みつき始める。
そしてKTXは恐ろしい修羅場になっていくのだった…

閉鎖空間でのパニック作品、そして韓国発のゾンビ映画、公開規模の大きな作品となりましたね。
監督はヨン・サンホ、実はこの前日譚がアニメーション作品となって、今月末に公開されるそうですね。 もちろん監督は一緒です。 これも見たいですね。
主演はコン・ユ、邦画の 「龍が如く 劇場版」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13462367.html に出演していますが、韓国作品としては興味深い作品に主演する実力派俳優さんですね。 おそらく今後彼の出演作にどんどん出会う事でしょう。
そして娘役でキム・スアン、「アトリエの春、昼下がりの裸婦」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14723535.html に子役として出演していました。 また夫婦役で屈強な肉体でゾンビと戦うサンファにマ・ドンソク、売れっ子俳優で近作は 「ベテラン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13923162.html そして妊婦役でチョン・ユミ、彼女の近作は 「ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆」ですが未見です。
さて物語は、パンデミックが列車内で起こるパターンですね。 閉鎖空間なんで、もう一気に全滅か? と思うんですが、感染者に意外な一面があるんですね。 それに気づき、全滅を免れ、襲われなかった人間は途中下車して、一旦は脱出をするんですね。
しかしそう簡単にはいきません。
主人公のゾグは、ファンドマネージャーをしていて、やり手なためいろんなところにコネがあるようです。 そして他人を蹴落としても生き抜くという冷たいところがある人間なんですね。 だから奥さんは離れて行ってしまったんでしょうね。 でもそんな父親でも必死に愛し続ける娘、後半は結構泣ける展開になって行きます。
そしてクライマックス、これも なかなかジーンとくるオチが用意されています。
邦画のゾンビ物では昨年、「アイアムアヒーロー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14083751.html が秀作でしたが、韓国発のゾンビ作品のこれは凄いです。

イメージ 1
一瞬の間に乗ってきた女性

イメージ 2
そしてしばらくして苦しみだし

イメージ 3
そして車内は

イメージ 5
いったんは下車するが再び乗り込み

イメージ 4
娘を連れ逃げる

イメージ 6