anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

曲がれ!スプーン

2009年作品、本広克行監督、長澤まさみ主演。

超常現象バラエティ 「あすなろサイキック」のAD、桜井米(長澤まさみ)は、不思議な現象が大好き。 それは幼いころに見たある怪現象が発端だった。
ある日、上司のディレクター(甲本雅裕)からエスパーを探す企画 「全国フシギ行脚」 を任され、全国を旅する羽目になってしまうのだ。 全国でネタを見つけ奔走するが、どれも眉唾ばかり。
やっと見つけた男は通称:へっちゃら男(寺島進)。 本人が飼う毒蜘蛛に刺されてもへっちゃらという、「びっくり人間」。 『あすなろサイキック』 に応募して、桜井と自宅で待ち合わせをした。 いきなり裸になって、猛毒を持った蜘蛛に刺されるが、結局病院に担ぎ込まれてしまうのだった。
そして世間は、クリスマス・イヴ。 そんな中、エスパー修行中のマスター、早乙女(志賀廣太郎)が経営する喫茶店 “カフェ・ド・念力” では、1年に1度本物のエスパーたちが集うエスパーパーティーなるものが開かれていた。
意思の力で電子機器を操作するテレキネシスを持つ井出(川島潤哉)、人の心を読むテレパシーを操る椎名(辻修)、透視ができる筧(中川晴樹)、意思の力でなんでも動かしてしまうサイコキネシスを持つ河岡(諏訪雅)が集まっていた。
各々能力を披露する中、一人遅れているのは、時間を止めて自力で移動、結果的にテレポーテーションとなる能力を持つ小山(三宅弘城)だったが、マスターが彼を迎えに行くと外出をしたとき、そこへ恐る恐る神田(岩井秀人)という男が店内に入ってくる。
自分もエスパーだというその男は “細男” という、聞いたこともない技を持っているらしい。 しかし彼がみんなの前で披露したのは、狭いところを細身の彼がするっと抜けるというただの余興のような芸、いわゆるびっくり人間で、エスパーではなかった。
なぜ彼が来たのか? それは彼は 「あすなろサイキック」 に募集し、ここで米と待ち合わせをしていたからだった。
ようやく小山が到着し、細男をいじめているところにマスターも帰って来る。 そこに米がやってくるのだった。 可愛い彼女に気を惹かれるエスパーたちだが、自分たちのことを知られてはならない。 神田との話を終わらせ帰そうとしているときに、透視の筧が変なことを言いだすのだった。
彼女の胸にある名刺入れに蜘蛛みたいなものがいる。 米が前の仕事で毒蜘蛛の話をしていたことから、それが紛れ込んだのでは? 何とか彼女を救わなければという事になり、エスパーたちは自分たちの力を駆使し、彼女を救うべき動き始めるのだが…

もうこの作品から8年経っているんですね。 コメディエンヌとして絶好調? のころの長澤まさみの快活な作品ですね。
監督は本広克行、近作は 「幕が上がる」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12783993.html ですが、今年 「亜人」 の実写版が公開予定ですね。 私は見たいです!
主演のまさみちゃんは、「グッドモーニングショー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14482937.html でヒロイン役が最近では大役ですね。 そして今年は出演作が3本公開予定となっています。
こういう超常現象、UFO、UMAの番組は、私の小さい頃は本当に定期的になっていましたね。 矢追さんの “木曜スペシャル” は欠かさず見ていますし、保存版のDVDも入手しています(^^)
また少年誌の切り抜きを、学級新聞に張って廊下に掲示すると、人だかりとなり、子供はこういうのがみんな好きなんだなあと思ったことをいまだに思い出しますね。
そんな少年だったころの夢を持ったまま大人になった女の子のお話、私は今作の主人公の米ちゃんが好きですね。 こういうことを仕事として食べて行けるのは嬉しいことですが、彼女が本物を求めて日本全国を、たまには日本を飛び出して行けるのは、ちょっとバブリーにも感じますが(^^)
これラストが大変夢がある。 そしてちょっと感動するんですね。 可哀そうなのは細男でしたが(^^)

イメージ 1
ADとしてこき使われる米

イメージ 2
そして世界の超常現象を探しに

イメージ 3
どれも怪しいものばかりであるところに向かう

イメージ 4
そこはエスパーばかりが集まっている喫茶店

イメージ 5
そこに現われた細男

イメージ 6
しかし米の身に大変なことが・・・

イメージ 7