anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

スティーヴン・キング ファミリー・シークレット

2014年作品、ピーター・アスキン監督、ジョアン・アレン、アンソニー・ラパリア出演。

ボブ(アンソニー・ラパリア)とダーシー(ジョアン・アレン)は結婚25周年を迎える初老の夫婦だった。 ボブとダーシーの間には、息子・ドニー(テオ・ストックマン)と娘・ペトラ(クリステン・コノリー)がおり、ペトラは近々結婚する予定だった。 子ども2人はすでに家を出て別の場所で暮らし、ダーシーとボブは夫婦だけの生活に戻っていたが、夫婦仲はよく、ダーシーは満足していた。
ある日、ボブとダーシーの結婚25周年の記念パーティーが、周囲の皆の協力によって開かれた。 ボブはその席で 「最優秀会計士」 の表彰を受けるのだった。 ダーシーの隣人でバツイチ女性のベティ(カーラ・ブオノ)も祝福をしてくれる。
息子・ドニーと娘・ペトラ、ペトラの婚約者のビル(マイク・オマリー)も出席をしてくれ、口々に祝福の言葉をくれる。 ボブは妻・ダーシーに、「君はうお座だよね」 と、熱帯魚の形をしたイヤリングをプレゼントしてくれる。
パーティーは盛況で、ダーシーは幸福だと感じているのだった。 しかし、パーティーの出席者は気づかなかったが、それを見守る謎の男性・ラムジー(スティーブン・ラング)がいたのだが。
パーティーが終わって帰宅したボブは、飲み過ぎたというダーシーをベッドに導くと、ライム入り炭酸水を勧めてくれる。 ダーシーはボブへのプレゼントが間に合わなかったと嘆くのだった。
一方のボブは古いコインを収集するのが趣味で、そんなボブに、ダーシーは1955年のダブルベイ小麦コインをプレゼントするつもりだった。 1万5000ドル即決価格のオークションの出品相手に、9 000ドルにならないか交渉している最中だったのだ。それを聞いたボブは、その気持ちだけで嬉しいことと 「いつか自分の小銭入れの中で、コインとの出会いを果たしたい」 と言う。
翌朝、ボブが出勤した後、ダーシーはお菓子の箱を開けると、「君は少し太ったような気がするぞ」 という夫・ボブからのメモが入っていた。 ダーシーは苦笑しながら、お菓子を食べずに箱をしまう。
ダーシーがテレビの電源を入れてニュース番組を見ると、昨日パーティーの席で友人・ベティが話していた、連続猟奇殺人犯 “ビーディ” の報道をしていた。
ダーシーはおぞましい話全般が苦手だったがついそのニュースは見入ってしまった。 その連続殺人犯 “ビーディ” は、12人の女性を殺害して、報道されていた被害者はマ ージョリー・ドゥバルという中年女性で、縛ってレイプされた後に殺害されていた。
犯人 “ビーディ” は、犯行を行なった後はいつも被害者のID(身分証明書)と、挑発的な犯行声明を警察に送りつけるのが常だった。
ある日ダーシーは、出張の夜、一人家で時間を潰すためテレビを観ようとするとテレビのリモコンの電池が切れていた。 ガレージに行き電池を見つけガレージから出ようとしたその時、段ボールにつまずいてしまう。 気になり中を見てみると、自分が探していた雑誌が見つかった。
その雑誌の中には危ない男性雑誌があり、ドン引きしながら段ボールに本を戻そうとした時、壁に子どもがボブにプレゼントしてくれたケースが気になり、手に取り中を見てみると、テレビで騒がれているニュースの被害者の免許証などが次々と出てきくるのだった。
慌ててケースを元の場所に戻し、部屋に戻りインターネットで検索するとやはり、さっきの免許証の人達は、被害者の人達でマージ ョリー・ドゥバルの物もあるのだった。もしかしたら夫は?…

スティーブン・キングの作品でも、何でも公開されるわけではありませんね。 地味だったり、、キャストがいま一つだったり、中には彼自身の監督はちょっと不評だったり(^^)
今作は、ちょっと核心部分までがちょっと長いのが玉にきず、しかし心理的なホラーとしてはなかなかですが。
監督はピーター・アスキン、日本公開作品は過去に1作の監督、初鑑賞です。 主演はダーシー役のジョアン・アレン、ジョーンと表記もするみたいですが、多くの作品に脇で参加、有名なところでは「ボーン・レガシー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/7345232.html でパメラ役をしていますね。
夫のボブ役はアンソニー・ラパリア、「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14117395.html ではこの世紀の大裁判を撮影したレオ監督役でした。
物語は、ダーシーの心理的恐怖の話になっていきます。 夫は本当に連続殺人犯なのか? しかし目の前にある決定的な証拠の数々、いつか自分も襲われるのか?創造シーンも入ってきて、どんどん引っ張られていくお話になっています。
こういう作品は決着がどう転じていくかですね。 そして生き残るのは? そう来るか!という結末でしたが。

イメージ 1
幸せな日々を過ごしていたダーシー

イメージ 2
夫との仲も良好だったが

イメージ 3
プレゼントが遅れても気遣いをしてくれる夫

イメージ 4
しかし彼女はある物を見つけてしまう

イメージ 5
そして夫のことが怖くなってくる

イメージ 6