anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アシュラ

2016年作品、キム・ソンス監督、チョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフン出演。

パク・ソンべ市長(ファン・ジョンミン)は利権と成功のために各所で犯罪をおかし、金に物を言わせてその後始末を、刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)にさせている。
今回は、裁判で証人として出頭しようとしていたテ・ビョンジョ(キム・ヘゴン)に対して、暴力的な圧力をかけ、そして出廷しない事を検察に電話を掛けさせる。 さらに、情報屋のチャクテギ<棒>(キム・ウォネ)に海外に逃がす手順を指示をしていた。
しかしチャクテギはジャンキーで、報酬を払う時に後始末の確認がなかなか取れなくなってしまう。 さらにハンは、あとを班長のファン(ユン・ジェムン)と、後輩警官のムン・ソンモ(チェ・ジフン)につけられていた。 ハンは刑事を退職をして、市長に雇われることになっていて、仲間はそれを薄々知っていた。 さらに市長と危ない仕事で多額な報酬をもらっていることも、班長は感づいていた。
露骨に集り始めるファンと小競り合いとなり、さらにチャクテギもラリッて暴れはじめる。 しかしその時事故が起こりファン班長は屋上から転落、死んでしまうのだった。しかし後輩のムンもそこにいたことから、彼はあることを思いつく。
意識を失くしたチャクテギともみ合って転落したことにして、さらに自分の退職を一時取りやめ、代わりに市長のところにムンを生かせるのだった。
ハンはどうしてこんなに汚い仕事を刑事という立場でしているのか? それは、末期ガンにかかっている妻の治療費のために金を得るために悪事に手を染めているというのだった。 そして妻の兄が市長のパク・ソンべなのだった。
そんな彼の弱みを握る検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)は、ドギョンに近づいて来る。 ハンをを利用してパク・ソンべ市長の不正を暴こうとする。 検察とパク・ソンべ市長に板挟みになっていくハンは一体?…

監督はキム・ソンス、私は初鑑賞ですね。 また一人韓国の気になる監督を知りました。 
主演はチョン・ウソン、「監視者たち」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14197287.html での物凄く頭の切れる悪のリーダー役は凄かったです。
そして超絶悪人の市長にファン・ジョンミン、今まで彼の良い役と危ない役を見てきました。 「新しき世界」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13536660.html では韓国マフィア役 「ベテラン」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13923162.html では、正義感溢れる危なっかしい刑事役でした。 今作は超悪い人間、善でも悪でも演じる役者ですね。
物語はこの板挟みとなったハンが、検察と、市長の間を右往左往する作品ですね。しかしユーモラスな感じではなく、残虐極まりないんですね。 ほぼ満席の私が見た回で、隣にご婦人お二人が鑑賞していましたが、うめき声が上がっていました(^^)
残念だったのが、この回は監督を招いてのトークイベントの回だったんです。 私は、次の予定が迫っていたんで泣く泣く断念。 惜しい機会を逃しました。
まあドギツイ作品が平気な方はぜひ(^^)

イメージ 2
巧みに疑惑を交わす市長

イメージ 1
事故のためムンを市長の元に行かせる

イメージ 3
しかし義兄の市長の言うことを聞かなくてはならない

イメージ 4
市長の側近も殺される

イメージ 5
けっじのキム・チャインが近づきとうとう引き合わせてしまう

イメージ 6
そして修羅場に

イメージ 7