anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

狼の死刑宣告

2007年作品、ジェームズ・ワン監督、ケヴィン・ベーコン主演。

投資会社に勤めるニック・ヒューム(ケヴィン・ベーコン)は、家族4人を持つごく普通の男。 有望なアイスホッケー選手の長男ブレンダン(スチュアート・ラファティ)、兄に対して複雑な思いを抱え、素直になれない次男のルーカス(ジョーダン・ギャレット)、家族を愛する妻ヘレン(ケリー・ブレストン)に囲まれて、幸せな日々を送っていた。 だが、その幸せは突然終わりを告げる。
ある夜、ブレンダンが出場する試合の応援に行った帰り、父と長男は今後について話していた。 プロに進む気があるのかなどと話している間に、給油ランプが着きガソリンスタンドに立ち寄った。
そこで、ブレンダンは売店で買い物をすると言い出し店に入って行った直後、ギャングたちの襲撃に遭遇する。 店主は銃で撃たれ、一緒にいたブレンダンも襲われてしまう。 実行犯の男は逃げ遅れ、残りのメンバーは車で逃走する。 ニックは息子を抱え必死に助けを叫び続けるのだった。
すぐに犯人の少年・ジョー・ダーリー(マット・オリアリー)が捕まるが、殺害動機はギャングに加入するための単なる儀式に過ぎなかった。 それを知ったニックは、心の傷の癒えぬまま 裁判に臨むが、警察からは極刑は無理なので、有罪にするためにしっかり証言してくれとただ言われるのだった。 どうして納得の行く刑を与えられないのか? 憤るニックだった。
失望したニックは、なんと証言を撤回、そしてジョーは無罪となってしまうのだった。ニックは法廷で裁くことを諦め、個人的に復讐をするという選択を取ったのだった。怒りと悔しさを抱えたニックは、ジョーを発見して尾行。 相手の隙を突いて、自らの手で復讐を遂げる。
だが、ジョーはギャングのビリー(ギャレット・ヘドランド)のたった1人の弟だった。 これを合図に、ニックにたいしてのボーンズの逆の復讐が始まるのだった…

復讐の連鎖のお話ですね。 監督はジェームズ・ワンなんで見て見たいと思った作品、彼の作品は 「ソウ」 「死霊館」 「インシディアス」というホラーが有名ですが、「ワイルド・スピード SKY MISSION」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12950755.html も撮っています。
新作ホラーは「ライト/オフ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14394741.html で製作参加でした。 さらにはDCシリーズの 「アクアマン」 の監督作品が今年全米公開予定ですね。
主演はケヴィン・ベーコン、最近は悪役が多い彼ですが、今作は簡単に言うと両方の面が出ている作品ですね。
物語は、いきなり最愛の息子を失った男の復讐劇で始まります。 しかしアメリカの法律は陪審員制度で、そう簡単に有罪、そして極刑を勝ち取るのが難しいという部分があるんですね。 残酷な殺人事件ですが、どうして死刑にならないのか? 同じような作品の復讐劇ではジェラルド・バトラー主演の 「完全なる報復」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14705053.html という作品がありますが、この作品のニックはそこまで超人的な感じではありません。
普通の父親が、巻き込まれた復讐の連鎖にどんどん巻き込まれていくという展開ですね。 そしてとうとう最後に、全財産をはたき、武器を揃えに行く場所がジョン・グッドマン演じるボーンズがやっている武器屋なんですが、ここが何とも皮肉なところなんですね。
爽快感のある復讐劇ではなく、泥臭いねっとりとした殺し合いでした。

イメージ 1
長男が撃たれた!

イメージ 2
そして病院で

イメージ 3
しかし犯人は極刑にはならず

イメージ 4
ニックはある決断を

イメージ 5
犯人を探し始め

イメージ 6
泥沼の復讐劇に

イメージ 7