anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

食堂かたつむり

2010年作品、富永まい監督、柴崎コウ主演。
 
某ラジオ番組の評価が恐ろしく悪かったので、いまひとつ見るのに躊躇していましたが。 倫子(柴崎)が恋人に振られたショックから言葉を失い、離れていた実家(母親一人の)にホームレス状態で戻っていくことから始まる。
なぜか母親(余貴美子)は豚と暮らしていて、そこはおっぱい村と呼ばれています。傷心の倫子を熊さん(ブラザートム)が助けて食堂を開く。 もちろんはじめのお客は熊さんで、倫子の料理を食べると不思議なことがおきる。 これが口コミで伝わり、店は繁盛するのだが・・・
自由奔放な母・ルリコだが実は表現の不器用な女で、誰よりも娘を愛していることが最後に解るが、途中まではなぜか存在が良く理解できない感じ。 だんだんとルリコの生き方、過去がわかっていくことから物語が進展していく。
柴崎コウはこの手の受身の役と、ま逆の役と演じ分けていますが、強めの顔立ちなので、こういう役を演じるのは大変なのではないでしょうか。 冒頭の悪評ですが、自分はこれが富永監督のスタイル化と思えます。
物語としては最後に暖かいものが残るいい作品と思います。 母親に対しての最後の料理、自分へ作る最初の料理、になぜか感じ入るものがありました。
仕事や、生活に疲れた人を癒すものに、料理ありますが、調理するシーンが結構描かれていて、そこもポイントになっており、江波杏子演じるおめかけさんに対して作った料理をおめかけさんが食べるシーンは圧巻ではないでしょうか。 
ぜひ疲れたときに癒される映画として見てはいかがですか?
 
イメージ 1
この街に帰ってきた倫子
 
イメージ 2
古いアルバム
 
イメージ 3
変わった母親と
 
イメージ 4
奇跡を起こす彼女の料理
 
イメージ 5