anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

凍える牙

2012年作品、ユ・ハ監督、ソン・ガンホ主演。

出世競争に敗れ、人生に行き詰まりを感じている中年刑事チョ・サンギル(ソン・ガンホ)。 そんなある日、ソウルで奇妙な焼死体が発見された。 停車中の車の中にいた男の体が突然発火、車ごと炎上したという。
現場を訪れたサンギルは、班長から元白バイ警官の若き女性刑事チャ・ウニョン(イ・ナヨン)とコンビで捜査を行うようソ班長(シン・ジョングン)から命じられる。
気乗りのしないサンギル、はなから女刑事なんかあてにしないし、厄介者を押し付けられたとあからさまに態度に出てしまう。 しかしウニョンはサンギルの言う事に忠実で、言われたことが理不尽でも必死についてくるのだった。
検証の結果、死体の太股には獣に噛まれた傷痕があり、尿からは覚醒剤が検出、ベルトのバックル内からはタイマーと点火装置が見つかり、引火性の強い化学物質が仕込まれていた。 
ヤクの売人から被害者の連絡先である塾の場所を聞き出したサンギルは、ウニョンとともに内部を捜査。  隠し扉の奥のイメージクラブで、生前の被害者が未成年の少女たちを働かせ、薬物漬けにしていたことを突き止める。
そんな中、新たな事件が発生。 路上で大型犬に襲われて死亡した被害者は、麻薬と未成年買春の前科を持つナム・サンフン(チョン・ミンソン)という男で、第一の被害者オ・ギョンイル(カン・プン)とは知人同士であった。 しかも首の傷痕と現場で採取された動物の毛を分析すると、ギョンイルは狼に噛み殺されたことが判明する。
やがてミン・テシク(ト・ギソク)という闘犬賭博に関わっている元ヤクザの存在が浮上、捜査チームはテシクの元恋人ミンジョン(イ・ミナ)が出入りする売春組織のアジトへの手入れを敢行する 。だがテシクは不在、車でその場にやってきたミンジョンは猛然と現れた狼に似た大型犬に襲われ、あえなく死亡。
ウニョンはその捜査中に肋骨を折る大怪我を負う。 “殺人犬” のニュースは大々的に報じられ、DNA解析の結果、その犬の正体は狼との交配種だと特定さ れるのだった…

原作は日本の作家・乃南アサ、日本では2度にわたってドラマ化されていますが、映画は韓国発でしたね。 最近こういうパターンが多い気がしますが、日本初のドラマは意外に韓国で映画化になると、いい感じに仕上がる気がします。
火車 HELPLESS 」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14259091.html も良い出来でしたが、日本のドラマでは天海祐希木村佳乃という実力派が演じていますので、今作のイ・ナヨンも、イメージに合った女優さんでしたね。 ウォンビンと結婚しているビッグカップルですね。
そしてベテラン刑事役にはソン・ガンホ、私は彼の演技の安定さが好きですね。 「スノーピアサー」  http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11083676.html 「渇き」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6466240.html でも存在感がありました。
監督はユ・ハ、初鑑賞でした。
物語は、狼と犬の混合種の殺人事件という展開になっていきます。 そして被害者の共通点もわかってきますが、じゃあどうしてこの男女が狙われているのか? どうしてもこのペアの刑事がそこが突き止められないんですね。
しかしウニョンの粘り強い捜査でだんだん明らかになっていきますが、彼女の今の生活、そして刑事としての決意がどんどん前面に出てくる良い展開ですね。
悲しいラストですが、説得力のある作品でした。

イメージ 1
ある男の焼死事件から始まる

イメージ 2
そしてそれは連続殺人事件になっていく

イメージ 3
しかし共通点がなかなか見つからない中

イメージ 4
ウニョンは真相に近づいて行く

イメージ 5
そして狼犬がカギを握る

イメージ 6