anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アズミ・ハルコは行方不明

2016年作品、松居大悟監督、蒼井優高畑充希出演。

とある地方都市に住む27歳の安曇春蒼井優。  独身で恋人もいない春子は実家で両親と祖母と一緒に暮ている。 
痴 呆 の 進 む 老齢の祖母を介護する母のレスが充満する実家はて居心地のいいものではなかった。 会社に行けば社長(国広富之)と専務に 「女は若ちに結婚するべきだ」  とセクハラ三昧の言葉を浴びせられる日々
その日春子は 、母からトイレットペーパーを買って来てほしいと言われ、近くのドラッグストアに行く。 そこでレジを打っていたのは幼馴染みの曽我雄二(石崎ひゅーい)だった。曽我から、杉崎ひとみ(芹那)が結婚したが不倫して帰ってきた話を聞かされる。 そして今夜暇かと去り際に声を掛けられる。 春子は特に予定はないと言い、夜呼び出される。 しかしそこはゴミ屋敷のようで、曽我はそこに一人で住んでいるのだった。
20歳の愛高畑充希はとある地方都市の成人式の会場で大学進学のため名古屋にた中学時代の同級生のユキ(太賀と再会する。  ほどて大学を中退地元にてきたユキオとなんとて遊んだりなんとクスする間柄に
ある日ユキオの誕生日プレゼを買いにレンタルビデオ店たふたりはそこでバていた同級生の葉山奨之と再会するのだった。
学とユキオは再開後一緒にいる時間が増え、ユキオは学にあるDVDを見せる。 それは、グラフィティアーティメンー映画で映画に登場する覆面アーティバンクシーに感激をする。
そして二人は夜中に、いろんなところにペイントでグラフィックを書いて行く。 初めは地味な男の顔だったが、そんな時行方不明のポスターから、28安曇春子の行方を探す“張り紙” をモチーフに春子の顔とMISSINGと文字を合わせてグラフィテ街中に拡。 そこに、愛菜も合流し、どんどんエスカレートしていく。
一方その頃、〈少女ギャング団〉による男性のみを襲う暴行事件が巷を騒がせていた。 インターネット上ではその事件と、アズミ・ハルコのグラフィティ・アートの関連が噂されていたのだった…

監督は松井大悟、旧作では 「スイートプールサイド」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14049004.html を見ていますが、俳優としてもいろいろ出演歴がありますね。
主演は蒼井優で、「百万円と苦虫女」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13411782.html での主演が好きですね。 共演は高畑充希、最近の出演作は 「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」 ですが、そちらは未見です。
正直難解な作品、時間軸がなかなか難しいんですね。 よく見ていないと、これはどこの時点の映像なのかが伝わり辛く、逆にそこがポイントになっていきます。
春子の物語だけを追いかけていても、急に昔のシーンなどが差し込まれ、いきなり場面が愛菜に切り替わり、そしてユキオ、学になっていくところはどうやら時間がちょっと未来なんですね。
ポイントは27歳の春子と、行方不明のポスターのアズミ・ハルコの年齢ですね。 ただ、そのわかり辛さを省くと、ちょっとしたサスペンス、そして謎の少女ギャング団が独特な存在感を出しています。
どうして男たちに復讐をしているのか? そこには触れていませんが、ちりぢりになった切れ端を見る側に繋ぎ合わさせていく、軽いサスペンス調の作品でしたね。

イメージ 1
27歳のOLをしている春子

イメージ 2
ドラッグストアで会った曽我と

イメージ 3
成人式で再開する愛菜とユキオ

イメージ 4
学も合流し

イメージ 5
交番横の捜索願を・・・

イメージ 6