anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ブルックリンの恋人たち

2014年作品、ケイト・バーカー=フロイランド監督、アン・ハサウェイ主演。

ロッコ遊牧民の文化を研究しながら、人類学博士号を目指すフラニー・エリス(アン・ハサウェイ)のもとに、母親のカレン(メアリー・スティーンバージェン)から、ミュージシャン志望の弟のヘンリー(ベン・ローゼンフィールド)が交通事故で昏睡状態にあると連絡が入る。
急遽ニューヨークに戻った彼女は、管とモニターに繋がれているヘンリーの病室で付き添う母親と再会。 大学を辞めてミュージシャンになると言った弟に反対し大喧嘩になって以来、二人とは疎遠になっていたフラニーであったが、未亡人のカレンは孤独を感じながらも遠く離れたところにいる娘を心配していた。
実家に戻ったフラニーは、自分が不在中のヘンリーの生活を垣間見ようと彼の部屋を覗く。 ギターケースの中からCDを見つけ、そこから流れてきたのはフラニーに曲を聴いて欲しいという彼からのメッセージだった。
ケースの中には、日々の感想や曲のアイデアなどが記されたノートがあり、人気ミュージシャンのジェイムズ・フォレスター(ジョニー・フリン)のライヴチケットが挟まっていた。
ジェイムズのポスターはヘンリーの部屋の壁に張り巡らされ、彼が敬愛していることを知ったフラニーは、そのチケットを手にジェイムズのライヴに出かける。 ステージ上のジェイムズには謙虚で庶民的なカリスマ性があった。
人気の曲を歌う彼の哀調を帯びた歌声、心を揺さぶる歌詞、ドブロ・ギターとバイオリンの重奏が観客の心を虜にする。
ラニーはヘンリーの事を話すために彼に近寄り、ヘンリーのCDを渡し、入院先の病院を伝える。 ヘンリーの人生と彼が愛した音楽の世界を出来る限り知りたいと思ったフラニーは、彼の残したノートをもとに彼が好んだアーティストやライヴハウスを探し求める。 全てを録音し、ヘンリーの病室で再生することで彼の意識が戻ることを願っていたのだ。
そんな中、突然ジェイムズがギターを片手に病室に現れる。 ジェイムズはヘンリーの才能を感じ、さらにはフラニーの事を忘れられず見舞いに来たのだった。 ジェイムズはヘンリーの脳に刺激を与えようと病室で歌い聴かせる。
やがてフラニーとジェイムズは、オープンマイクイベントに参加するなど音楽を通して、お互いに惹かれ合っていく。 だが、ジェイムズはツアーを終え、メーン州の森にあるトレーラーに戻る日が迫っていた…

この作品は昔見たことがありました。 監督はケイト・バーカー=フロイランド、初作品ですね。
主演がアン・ハサウェイ、「プラダを着た悪魔」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13603686.html に参加したことからの主演オファーだったんでしょうか? 脚本も兼ねている監督ですが、登場人物はほとんど限られていて、途中途中に歌のシーンが多く入る作品となっています。
音楽作品と言ってもいい感じですが、その中で、弟の尊敬するカリスマアーティストとの恋にも発展する作品としての側面もあるんですね。 ちょっと通常では考えられない展開ですが、この物語には不可欠な部分になるんですね。 ジェイムズ役のジョニー・フリンはイギリスの歌手、歌声に味があるはずですね。
静かに流れていく入院風景ですが、音楽が奇跡を起こせるのか? その一点に集約されるラブストーリーですね。

イメージ 1
弟の音楽を確かめ始めるフラニ

イメージ 2
そこで出会ったジェイムズの歌声

イメージ 3
彼のライブに衝撃を受け、そして

イメージ 4
ヘンリーの病室に来てくれ二人が近づく

イメージ 5
家まで来てくれて、母のカレンと

イメージ 6
しかし別れの時が近づく

イメージ 7