anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ブルーベルベット


ノース・キャロライナ州ランバートン。 製材が主産業の絵に描いたようにのどかな町だ。 大学生のジェフリー(カイル・マクラクラン)は、植木に水をやっていた時に突然倒れた父のため帰郷し、病院に見舞いに行った。
そしてその帰り、野原で人間の片耳を発見するのだった。 そしてジェフリーは、変わったことがあるもんだと思いながら、警察でウィリアムズ刑事(ジョージ・ディッカーソン)にその耳を渡すのだった。
夜、刑事宅を尋ねたジェフリーは、同家の娘サンディ(ローラ・ダーン)から、「この耳の事件はディープ・リヴァー荘に住む歌手がかかわっているらしい」 と聞かされる。そして、この事に興味を持ってしまったジェフリーは、なんとか彼女の家を調べたくなる。 考えた挙句、彼は歌手ドロシー(イザベラ・ロッセリーニ)の部屋に消毒業者と称して入り込み、鍵を盗み出すことに成功するのだった。
彼はサンディとスロー・クラブに行き、ドロシーが官能的に歌う 「ブルー・ベルベット」を聞く。 その後、ドロシーの部屋に忍びこん だジェフリーは、彼女が戻ってきたのでクロゼットに隠れて覗き見する。
フランク(デニス・ホッパー)が来て、卑猥な言葉をわめき、酸素吸入器を使い、青いベルベットを咥えつつドロシーを犯す。 どうやらフランクは彼女の息子と夫を人質にとっているらしい。
ジェフリーはフランクを尾行し黄色い服の男(フレッド・ピックラー)と接触するところを目撃。 翌日、ドロシー宅を訪れたジェフリーは彼女と煽情的な愛を交わすのだった…

デヴィッド・リンチの代表作と言ってもいいのかも。 それまでも3本の作品 「イレイザー・ヘッド」 「エレファント・マン」 「デューン/砂の惑星」を撮っていますが、これはちょっと色合いが違う、官能的で、アブノーマルな作品としてけっこう初めはバッシングされた感じだそうですが、後に評価がどんどん上がり、監督の代表作にのし上がっていったみたいですね。
主演のカイル・クライマンは前作 「デューン/砂の惑星」 でも主人公の青年役を演じていましたが、なんと言っても悪役に起用されたスティングが目立ちすぎて影が薄かった(^^)
しかし今作でも、ドロシー役のイザベラ・ロッセリーニがほとんどもって行く感じがしました。 M丸出しの役どころで、まあ悲しい女性役なんですが、彼女の存在感が凄すぎですね。
基本サスペンススリラーなんですが、官能的な部分が強烈なんで、その方に圧倒されます。 しかし一応最後は修羅場をジェフリーが決着をつけ、ハッピーエンドになってしまうところが、物語としては私はちょっと物足りない感じがしましたが(^^)

イメージ 1
フランクのおもちゃにされているドロシー

イメージ 2
耳を見つけたことから

イメージ 3
深入りしていくジェフリー

イメージ 4
そしてドロシーに

イメージ 5
決着の時

イメージ 6