anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ランボー 最後の戦場

2008年作品、シルヴェスター・スタローン監督、主演。

グリーンベレーであり、ベトナム戦争の帰還兵であるジョン・ランボーシルヴェスター・スタローン)。 これまで、数々の伝説を生み出してきた彼だが、現在はタイ北部の小さな村で孤独に暮らしていた。 故郷のアメリカに背を向けるかのように。
タイの隣国であるミャンマーでは、軍隊による武力弾圧の内戦が長期化して、泥沼状態に陥っていた。 独立を勝ち取ろうとするカレン族は、情け容赦のないミャンマー軍から迫害を受け、その殺戮ゲームは女性や子供たちにも及んでいた。
ある日、ランボーの前にキリスト教系NGOの一団がやって来て、ミャンマーへの案内を依頼する。 最初は断ったランボーだったが、NGOの1人サラ・ミラー(ジュリー・ベンツ)の熱心な頼みに心動かされ、彼らをミャンマーに送ることを決意する。
しかし、途中には海賊のたまり場があり、彼らからの襲撃に遭い、ランボーは一瞬のうちに皆殺しにして窮地を脱する。 しかしNGOのリーダーのマイケル・バーネット(ポール・シュルツ)はランボーに対して殺人の件は後で報告すると、詰るのだった。
しかし数日後、サラたちがミャンマー軍によって拉致されたとの知らせが届く。 アーサー・マーシュ(ケン・ハワード)という男が現れ、彼らを助けるために雇われた傭兵部隊を今度は案内してほしいという依頼に来たのだった。
ランボーは再びミャンマーへ向かう。 到着後、同行を希望するランボーだったが、リーダー格のルイス(グレアム・マクタヴィッシュ)に船の見張りを命じられる。
傭兵団はカレン族のビエンにNGO一団がいた村へ案内され、そこで惨殺されたカレン族を目の当りにし、継続か中止かで言い争いになる。 そこにミャンマー兵が現れ、彼らの残虐な行為を目撃するものの、傭兵団は何もせず隠れてやり過ごそうとする。
すると突然ランボーが現れミャンマー兵を全滅させる。 それを見ていた傭兵団らは敵に気づかれる前に脱出しようするが、ランボーの言葉に動かされ、NGO一団救出の継続を決意するのだった・・・

長い事、お休みだったこのシリーズ、20年ぶりの新作となりました。 今回はスタローン自ら監督に、ただ、色合いは一緒ですがね。
舞台はタイとミャンマーの国境地域。 敵はミャンマー軍で、カレン族たちが独立を目指す中、虐殺が行われているという地域での出来事です。 そこに救援物資や、医療の手助けに行くNGOの一団が現れ、嫌がるランボーをサラという女性が必死に訴えるんですね。
現実を嫌と言うほど知っている彼は無駄な行為で、生きては帰れないことがわかっているんですが、彼女のある一言で彼の心が動くんですね。
しかしそれはもう一度彼を戦場に借り立たされる選択になってしまいます。
ブランクがあったとはいえ、一回火が付けばもう止まらないランボー、後半は怒涛の大虐殺というか、戦いになっていきますが、今回は傭兵軍団が途中までは結構奮闘するんですね。 しかし最後はやっぱり不死身の男でしたが(^^)
これで一応の完結なんでしょうか? 終わっても良いようなラストを描いていましたが、またどこかでスタローンに火が付いたら、最終章をするんですかね(^^)

イメージ 1
サラたちNGOを救出に

イメージ 2
そして戦いが開始される

イメージ 3
敵のマシンガンを奪い乱射するが

イメージ 4
その凄まじさに

イメージ 5
しかしミャンマー軍は途切れない

イメージ 6