anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ブラック・スキャンダル

2015年作品、スコット・クーパー監督、ジョニー・デップ主演。

アメリカのサウスボストンで育ったジェームズ・バルジャーとその弟ビリー、二人の幼なじみジョン・コノリーは、やがてギャング、政治家、FBI捜査官とそれぞれの道に進んでいった。
コノリー(ジョエル・エドガートン)は昔この兄弟、特に兄のジェームズに助けられた。彼は、ジェームズ・ジョセフ・バルジャーといい、ホワイティと呼ばれていたが、彼はそれを嫌い “ジミー” と周りの者に呼ばせるようになる。
コノリーは念願のFBIに入り、何とかここで伸し上がろうとしていた。 そしてイタリア系マフィアの撲滅させるために、ジミーの人脈、情報を得ようと考える。
FBIのターゲットはイタリアンマフィアの犯罪の証拠、まずは彼らと抗争中のジェームズ(ジョニー・デップ)に、敵の情報を流すよう、彼の弟に話を持ちかける。
ビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)は、地元出身の上院議員、兄のジミーに口を効いてほしいと言うが、ビリーははっきりとは答えはしない。
しかしビリーとジミーは、定期的に母のところへ行き、3人で食事をしたり孝行している。 サウスボストン=サウシーでは、彼は人気者、英雄でもあった。
そして、何とかビリーに橋渡しをしてもらったコノリーは、FBI内でのジミーを情報屋として認識をさせるのだった。 難色を示す上司のチャールズ・マグワイアケヴィン・ベーコン)を説得し、いよいよイタリアンマフィア壊滅に乗り出すコノリー。
しかしこれはジミーの力を増大させていくことになるのだった…

ジョニー・デップのあの禿げ上がりメイク、鬘でしょうが、剃りあげていたら凄いんですが(^^)
予告編からすると、3人が正三角形で、ジョニデを頂点とする作品かと思いましたが、上院議員・ビリー役のカンバーバッチは、あくまでも政治家としてのらりくらりの役だったので、出番自体は少なかったですね。 物語は事実で、 ジェームズ・ジョセフ・バルジャーというボストン在住のアイリッシュマフィアを中心にした、FBIとの癒着を描いた作品です。
ただ始めから癒着をすることは目的ではなく、FBI内での出世をしようとして、ノンキャリアの男の手柄取りが出発点でしたね。 
そのため情報源としてめでたく、イタリアンマフィアを駆逐していくんですが、一度くっついたらもうどうしようもないマフィアの事、さらにジミー自身も、息子を失い、母を失い、IRAに傾倒していく、ある種アイルランド人としての血が、色濃く表れていく中でのお話でした。
まあなんといってもジョニデのメイクが、もう目に焼き付いてしまうんですが、何気にFBI内でのメンバーが面白かったですね。
ケヴィン・ベーコン、 デヴィッド・ハーバー 、そして後半乗り込んでくるフレッド・ワイシャック役を演じるコリー・ストールが出て来てからの流れの変わり方、人生が反転していくところが面白かったですね。
監督はスコット・クーパー、前作は「ファーナス/訣別の朝」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12230404.html で、3兄弟を描いた作品でしたが、今作も3人の男の絆、ある意味腐れ縁を描いた実話ベースのお話でした。
ジェームズ・バルシャーはつい数年前に逮捕され、それまで世界各国で姿を見かけられた人物だったそうですね。 逃亡中にいったん捕まりながらさらに逃亡、この逃走劇も作品にしたら面白いかも知れませんね。
アクションが少ないんですが、私は好きな感じの作品でした。

イメージ 1
政治家とマフィアの兄弟

イメージ 2
しかしジミーは妻との間の息子を失う

イメージ 3
そしてだんだん容赦ない行動になっていく

イメージ 4
コノリーとのきずなが深まる

イメージ 5
FBIとだんだん近づいて行くマフィア

イメージ 6