anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

コードネーム U.N.C.L.E.

2015年作品、ガイ・リッチー監督、ヘンリー・カヴィル主演。

東西冷戦真っただ中の1960年代前半。 ナチスの残党が強大な国際犯罪組織と手を組み、核兵器とその技術拡散によって世界の勢力バランスを揺るがそうとするテロ計画を企んでいた。
CIAで最も有能な男といわれるナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)は、ある使命のため東ベルリンに潜入した。 それはある女性を、西ベルリンに脱出させるという物だった。 
ギャビー・テラー (アリシア・ヴィキャンデル)という女は、自動車の整備上で働いていた。 しかし彼女の父は、ドイツ人科学者で、ナチスドイツ時代に核兵器の製造に携わっていたということだった。そして、その父親の消息が消えたということだった。
この背後にはある組織が動いていて、そこが彼女の父親を攫って核弾頭を製造し、なんとそれをナチスの残党に売るのではと言われているのだった。
そのカギを握っているということで、彼女を西側に連れてくるというのがソロに与えられた指 だった。 しかし彼女と接触した時に1台の車が近づいてきた。 ギャビーの運転の後をしっかりついてきて2台はカーチェイスになった。 ギャビーの運転技術もすごれているが、相手もぴったりくっついてくる。
しかし何とか行き止まりまで車で逃げ切って、ロープを西側に渡し間一髪二人は脱出に成功するのだった。
ソロの役目はこれで終わったと思ったが、さらに追加の指令が来た。 そこに現れたのは、カーチェイスをした相手の男、彼こそKGBに史上最年少で入った超エリートのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)だった。
そして今回は、アメリカとソ連の協力の元、このたくらみを阻止することになった。しかし敵国同士のトップスパイは協力できるのだろうか?…

昔のテレビのスパイ番組 「0011ナポレオン・ソロ」 のリメイク作品、私はその辺りを知らずに見に行きました。 と言うのも、劇場公開の予告編しか見なかったので、アメリカと旧ソ連のトップスパイの共闘作品としか情報を入れなかったので。
また、年代的に 「ナポレオン・ソロ」 がさすがにピンとこなかったのもありますが(^^)
時代に忠実というよりも、どうやらこれは前日譚という事らしいですね。
“アンクル” というのは、世界の法と秩序を守る国際機関で “United Network Command for Law and Enforcement” (法執行のための連合網司令部) の略という事ですが、作品はその前なので、このコードネームはエンディングにちょっと渋めも役回りのヒュー・グラント演じるウェーバリーが名づける形でした。
あまり馴染みのない 「ナポレオン・ソロ」 ですが、記憶にある方たちからは、イメージが違うという御指摘が。 調べてみると、クリアキン役は、ちょっと小柄でスリムなデヴィッド・マッカラムでしたね。 確かにアーミー・ハマーとは似ても似つかずでした。
マッカラムは 「大脱走」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/10109399.html の印象が強く、ハマーの最近の作品は「ローン・レンジャー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9984391.html ですが、今作では、ロシアの格闘技のアスリートの経歴と、ちょっと情緒不安定な感じの役柄でしたね。
前日譚ですから息が合わなくて当たり前の物語なんですが、だから間にアリシア・ヴィキャンデル演じるギャビーを置いたんでしょうか?
どうもシリーズになっていく感じの作りでしたが、ソロ役のヘンリー・カヴィルがスーパーマンシリーズも兼ねているので、やりくりが大変になるのでは? そんなことが気になった作品でした。

イメージ 1
協力をすることになった二人

イメージ 2
彼女の警護と、そして大きな指令が

イメージ 3
クリヤキンとソロは別れて行動

イメージ 4
ソロはこの女に近づく

イメージ 5
果たして成功するのか?

イメージ 6