anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ラスト・ナイツ

2015年作品、紀里谷和明監督、クライヴ・オーウェン主演。

騎士はこの世界では、人種という概念は無くなり、あらゆる人種が騎士の精神的なつながり、プライドで結ばれていた。 しかしその戦士の時代は終わりを迎え、よこしまな政治が栄誉に、取って変わろうとしていた封建的な帝国があった。
ライデン(クライヴ・オーウェン)率いる騎士たちは、精鋭がそろい、士気も高かった。しかし、彼を隊長にしたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)のところに大臣のギザモット(アクセル・ヘニー)から使者が来た。
それは、ギザモットのところにきて、法の事で話がしたいという通知だったが、一応皇帝の名の元とされてあった。 しかしそれは表向きの事で、貢物を持って いく仕来たりになっているのだった。
バルトーク卿はこの腐敗したやり方に我慢が出来なかった。 実は卿は体調が悪く、自分の寿命がそう長くないことを感じていた。 
卿はある夜ライデンを呼び出し、あるところに連れて行った。 そこはバルトーク家の墓で、そこで彼は自分亡きあと、バルトークをライデンに継がせることを言い出すのだった。
実は彼には息子がいたが、若くして亡くなっていた。 娘はいるが、血筋ではなく信頼する者に継がせようというのだった。 固辞するライデンだったが、あまりの卿の強い意志に、彼は卿の剣を託されるのだった。
バルトーク卿はライデン騎士隊と共に、ギザモットのところに赴いた。 しかし貢物は箱に入った布だけだった。 バカにされたと思ったギザモット は、バルトークと二人きりになった時に、バルトーク家を断絶させようとするが、そこでいさかいが起こり、ギザモットに怪我をさせてしまう卿だった。
そして、卿は皇帝の前で、キザモットの腐敗をとうとうと述べるが、キザモットは皇帝の意を借り、ライデンにバルトークを処刑させる。 そしてバルトークの領土は解体されてしまい、民は散り散りになっていくのだった…

公開前に紀里谷監督が、いろんなシネコンに出没していましたね。 それだけ映画のヒットを祈願していたんでしょう。 まあ彼のハリウッド進出第1弾ですから力が入るのは当たり前ですが。
ここまで書くと、?どこかで聞いたことのある話ですよね。 日本人にはなじみのある話(^^)
まあ検索すると出てきて しまいますから、これは「忠臣蔵」なんですね。 大石内蔵助がライデンなんですね。 ただ、そこは多少現代的に、そして細密にちょっとしただまし的なトリックな感じに作ってあります。
監督が日本人なんで、多くの日本人キャストが?と思いますが、実際目につくのは伊原剛志だけですね。 あとは韓国人俳優が多く出ています。
まあ日本人には受ける作りだと思いますし、やっぱりいざ出陣のシーンはちょっと血が湧いてくる感じがします。 また、忍者みたいな動きのシーンもありますし、見やすい感じですね。
ただ、興行的にはちょっと苦戦かも知れませんね。

イメージ 1
騎士の精神を持っているライデンの隊

イメージ 2
愛する妻と

イメージ 3
バルトーク卿とギザモットの諍いが起こる

イメージ 4
皇帝のもとで裁かれる卿

イメージ 5
残酷な裁定が下る

イメージ 6