anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

劇場霊からの招待状 第2話「死期」

2015年作品、佐藤太監督、岡田奈々主演。

入院中の女子高生、檜山花音(岡田奈々)の趣味はブログ。 携帯電話のカメラで院内で起きた出来事を撮影しては、自分のブログにアップしていた。 
退屈な入院生活だったが、これが意外と楽しく、看護師にずっと入院していても良いんだなどと話すまでになってしまっている。 もちろん看護師はそんな事ではいけないというのだが。
彼女の母親は仕事で忙しく、ほとんど見舞いには来れないのだ。 同室の女性は、歳も離れた母親と同じくらいの人なので、入院が楽しいという彼女に対して、呆れてあまりいい感情を持っていなかった。
しかしある夜急に苦しみだしたとき、花音が速やかにナースコールをしてくれたことから、仲良くなった。 また、心臓病で同じく入院中の少年・大輝(酒井亮和)とは写真を通じて仲良くなった。
ある日、同室のその女性の家族が見舞いに来ていたため、花音は記念に写真を撮る事を提案。 屋上に行き、娘と息子と並んで、いざ写真を撮ろうと携帯の画面を覗き込むと、家族の後ろに「見ず知らずの男」が映っていた。
思わず画面から目を放してしまった花音だったが、再び画面を覗くと男は消えている。 不審がりながらも何事もなかったかのように写真を撮り終えた。
しかしその翌日、その患者は死亡。 花音は、昨日の「男」が何かの予兆だったのではないかと思案しはじめるのだった・・・

今回は監督が佐藤太、主演は、AKB48チーム4の副キャプテンの岡田奈々が抜擢 されました。
美人で真面目キャラの彼女は、バラエティよりもこういう女優の方向が似合う感じなんで、30分枠のホラードラマにはいいチョイスだと思います。
病院のホラーは、非常にお話が作りやすく、題材になる怪談、都市伝説、は結構多いですよね。
私は観たホラーでも最近では、「機械じかけの小児病棟」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13293081.html などは結構怖いホラーでした。
今作品は、スマホに映るはずのない人間が映るという面と、死神、がキーワードになっています。
最近は携帯での写メ、さらに動画、それも解像度が大変上がっており、いつでも誰もがリアルタイムで撮れてしまうので、不思議映像がリアルに撮れますよね。 もちろん処理さえすれば人為的な不思議写真、動画も作れてしまいますし、本物かフェイクかもわからなくなってきます。
秋の特番で怖い動画の多くは、作られたものでしょうが、何割がリアルなのかもわかりづらくなっています。 個人的にはリアルに見えさえすればいいのですが(^^)
ただ、わが身だったり 、親類、友達にこういう画像、動画が撮れてしまうと他人ごとではないですよね。 特定の場所だったらそこには近づかないこと、この作品の場合は、どうやら逃げ場はなさそうですね。
お話的にはひねりがなかったですが、いつでも映りこんでしまう怖さは描かれていました。

イメージ 1
入院中の花音

イメージ 2
彼女の楽しみはブログ

イメージ 3
隣の女性と仲良くなり写真を撮ってあげるが

イメージ 4
そしてこの時も謎の男が映る

イメージ 5
携帯を通じて見える男に

イメージ 6