anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ブラック・マスク

1996年作品、ダニエル・リー監督、ジェット・リー主演。

近未来の香港。 改造手術と洗脳を施された無敵の戦士による特殊部隊“701部隊”は、その存在を恐れた政府によって抹殺を図る。 しかし、いち早く気配を察知したチョイ・チク(ジェット・リー)は、部下たちを逃がし、特に信頼をしていた女性戦士ユーラン(フランソワーズ・イップ)は危機を脱出した。 そして、チョイは政府軍を駆逐し、闇の中に姿を消した。
チョイは図書官員になっていた。 のんびりと、本を読み静かに暮らしていた。 同僚の中で唯一の女性・トレイシー (カレン・モク )はいつもフラれていたが、そんな彼女も本を読むことしかしないチョイには、あまり興味を示さなかったが、周りは彼にアタックしろと嗾ける。
彼女も優しいチョイに、ちょっと興味がわき近づいた時、一人の男がチョイを誘いに来た。 香港警察のシェク警部(ラウ・チンワン)だった。 なぜか二人は将棋仲間で、シェクもそんなチョイに何か物足りなさを感じていた。 でもチョイの本当の姿も知らなかった。
そんなある日、香港で4大マフィアが何者かに殲滅される。 シェク警部が捜査に乗り出し、マフィア組織で生き残ったキン・カウ(アンソニー・ウォン)の元へ向かうことになる。
来なら生き残った彼こそが犯人ではと思われるが、彼のところにも、謎の組織から脅しがあるのだった。 次々に肉親の死体が送り付けられ、彼は部下を集め警戒をしていた。
そしてやはり襲撃が始まった。 謎の一団が警察 をも蹴散 らし、シェク警部も反撃をするが、手強い的に苦戦した時、謎の黒いマスクの男が現れ、敵を倒していくのだった。
カウが囲っていた女と個室に隠れていた時、いままで縛られていた女が突然カウに襲い掛かる。 なんと彼女はユーランだった。 黒いマスクの男は、チョイで、お互いに気付くが、黒いマスクの男に邪魔され一団は引き上げていく。
どうしてユーランはマフィアを次々の襲っているのか? 何の目的なのか?・・・

ジェット・リーが正義の覆面ヒーローとなる今作品、日本だとどこかで見たような作品に感じます。 改造を受けた体、無敵の戦士にされた集団が、逆にいらなくなって殺されようとするのは、多少違いますが、仮面ライダーにも通じる設定かも。 ただ正義のために戦 おうとは、主人公は初めは全く思っていないんですね。
昼行燈のような生活に自分を埋没させている、趣味は読書、というか生活自体が本まみれという全くの枯れた存在。 でも実はやはり張るべきアンテナを張っているんですね。
唯一の友が、けっこう切れ者の刑事なんですね。 ラウ・チンワン演じるシェク警部が意外にチョイ程ではないにしても強いんですね。
701部隊というのが、旧日本軍の731部隊みたいでちょっと嫌なんですが、彼らも結局悲しい存在でした。
これは続編が5年後作られるんですが、さすがにジェット・リーは降板、ただラウ・チンワンは出演しているそうです。 機会があれば観てみたいですが、地雷の予感も(^^)

イメージ 1
政府に嫌われ壊滅寸前のところ脱出

イメージ 2
そして彼は闇に消える

イメージ 3
本三昧の生活に

イメージ 4
唯一の友のシェク刑事

イメージ 5
しかし大がかりな事件で彼は“ブラック・マスク”に

イメージ 6