anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

屍者の帝国

2015年作品、牧原亮太郎監督、声の出演:細谷佳正

19世紀末のロンドン。 医学生ジョン・ワトソン細谷佳正)は一体の死体に命を与えようと取り組んでいた。 その死体は、彼の友・フライデー(村瀬歩)だ。
人間は死ぬと、21g減る、それが魂の重さと言われている。 ワトソンは、自分の研究で、なんとかその21gが元に戻ってこないのか? それに賭けていた。 そこに、謎の男たちが現れた。
世の中は、技術進歩により死体を蘇らせることに成功していた。 そして意志が無く、考えることをしない屍者は労働力に充てられていた。
ワトソンのところに現れたのは、英国政府の秘密組織ウォルシンガム機関で、墓から友の死体を盗んだ彼に対して、本来なら逮捕されるところだが、彼の技術力を重く見て、その司令官・M(大塚明夫)はある密命を依頼するのだった。 それは、100年前にヴィクター・フランケンシュタイン博士が遺した『ヴィクターの手記』を探すよう密命だった。 その書には、生者同様に意思を持つオリジナルの屍者ザ・ワンを生み出した技術が記されているらしい。
まず彼の向かった先は、屍兵部隊と共にロシア軍を脱走してアフガン北方に「屍者の王国」を築いた男・カラマーゾフ三木眞一郎)の動向調査だった。
ワトソンは機関に所属するバーナビー大尉(楠大典 )と記録専用屍者フライデー、ロシアから派遣された諜報員クラソートキン(山下大輝)と行動を共にすることになる。 アフガニスタンに入るため、港に着いたワトソンは、早速襲われる。 体に爆弾を仕掛けられた屍者が襲い掛かってくるが、なかなか数が多く応戦してもきりがない。
そこに現れたのが、美女・ハダリー・リリス花澤香菜)だった。 火炎放射で屍者達を焼き、足止めにしてその場を脱出した4人。
そして雪山を越えアフガニスタンに向かうのだった…

この作品は、元の原作者・伊藤計劃の絶筆の作品を、円城塔が仕上げたそうです。 ノイタミナムービー(劇場版アニメ)の「Project Itoh」三部作の第1作として公開されました。
ノイタミナムービーと言えば、先日観た「心が叫びたがってるんだ。http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13481938.html もそうみたいですが、フジテレビの深夜枠のアニメ作品ということです。
この伊藤計劃は、ちょっとうちの息子が好きな作者ということと、彼の作品の文庫化した時に、ちょっとお手伝いをした縁もあり、彼の作品を読んだことから、この劇場版アニメを見たくなったんですね。
物語は近代になった19世紀末、屍者の再生技術が世界に広がり、労働力、そして兵士にして生者の思い通りに動かすことが当たり前になった世の中を描いています。 ゾンビにも通じるところがあるんですが、従順な労働力、それを自在に操ることができるなら、そして屍者は本当に生者に戻ることはできないのか?
主人公のワトソン、引っかかる名前ですが、舞台もここから日本、アメリカと、どんどん世界を巡って行くんですね。
原作の強さが活きているアニメ作品でした。

イメージ 1
21gと言葉を取り戻すため

イメージ 2
彼は友を復活させようと

イメージ 3
そこに現れたM

イメージ 4
共に旅するバーナビー

イメージ 5
危機一髪のところへ現れたハダリ


イメージ 7