anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ベルファスト71

2014年作品、ヤン・ドマンジュ監督、ジャック・オコンネル出演。

北アイルランド紛争が激化した1971年。 イギリス軍新兵ゲイリー(ジャック・オコンネル)は、同僚と激しい戦闘訓練をしていた。 あまりの激しさに続けて申し出る者がいないほどだった。
そこに新任の中尉がやってきた。 アーミテージサム・リード)といい、規律に忠実な若い司令官だった。
彼には弟がいた。 イギリスの片田舎出身の彼はあまり裕福ではないし、それが入隊の理由だろう。 寄宿舎の様なところにいた。 休みの日は一緒にいてあげるが、門限があり、遅れると守衛に嫌味を言われる。
ある日、カトリック系過激派組織IRAを制圧すべく北アイルランドの町ベルファストに派遣さ れることになった。 ヘルメットを付け、盾を持って準備をしていると、アーミテージがやって来て軽装にしろと言われる。 街の者たちに威圧感を与えたくないし、あくまでも警察の後方支援ということからだった。
軍の宿舎には、私服の者が数人いた。 彼らは工作員で、ゲイリーたちとは立場が違うと言われた。 そして彼らの行動は謎に包まれている。
現地には、軍が先に着いた。 向こうで車が燃えている。 しかし周りは静まり返っていた。 と、その時、なにかが投げられた。 子供たちが投げている物は、小便が入った袋だった 。彼らはここでは嫌われ者、憎まれてさえいたのだった。
遅れて警官隊が着いた。 しかし彼らが着くと、女性たちが鍋のふたを地面に打ち付け、一斉に不快感を表し始 める。 それに反応した警官隊は強引な、IRA探しに取り掛かる。
民家に押し入り、武器を探し、メンバーの居所を吐かせようとする。
とうとう民衆が押し寄せてくる。 IRAでない民衆も、強引な警察のやり方に激怒しているのだった。 どんどん暴徒化していく町の民衆、石が隊員の頭にあたり、昏倒している好きに少年が銃を盗んだ。 それをゲイリーたちが取り返しに行っている最中撤退命令が出た。
そして二人は民衆に取り囲まれ、小突かれ、そしてどこからともなく銃を持った男が来て、同僚を射殺した。 身の危険を感じたゲイリーは、必死に逃亡を図る。 取り残されたゲイリーは、基地に帰ることができるのだろうか?…

イギリスに起こるテロの多くは、IRAが絡んでいることが多いですね。  アイルランド島は、複雑ですよね。 北半分は大英帝国、南半分は独立国、民族は基本同じアイルランド人。
普通は統一したいですよね。 その目的を掲げて結成されたIRAですが、やはり穏健派と過激派がだんだんできてくるんですね。 そして紛争地は北アイルランドになるのは、仕方が無いところですね。
ジャック・オコンネル演じるゲイリーは、この後、助けられたり、追われたりするんですが、過激なIRAから命を狙われるだけでなく、彼が生きていては困る輩も出てきます。 しかし途中少年だったり、元軍人の町民たちに助けられ、彼は必死に帰ろうとします。
引き裂かれた民族の悲劇はここにもあるんですね。 イギリスの負の遺産ということなんでしょうか?

イメージ 1
軍が先にベルファストに着いた

イメージ 2
暴徒化する市民

イメージ 3
はぐれてしまったゲイリー

イメージ 4
夜になってまた暴動が起こる

イメージ 5
声を掛けられ、助けてくれる少年

イメージ 6