anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

シンプル・シモン

2010年作品、アンドレアス・エーマン監督、ビル・スカルスガルド主演。
 
自称宇宙船(ただの空きドラム)に入って出てこないシモン(ビル・スカルスガルド)、母親(ロッタ・テイ)はキレて怒鳴りまくっている。 父親は中に通じた穴から小遣いをやって宥めて出そうとしている。
埒が開かず呼び出されたのは兄のサム(マルティン・ヴァルストロム)だ。彼はなんとか通信スタイルで、会話ができるが、どうやら親との暮らしを拒否しているようだった。 サムは恋人のフリーダ(ソフィー・ハミルトン)と同棲している。
ドラム型宇宙船を、サムの家に運びそこでなんとか彼を出させることに成功、フリーダとの3人の生活を始めるのだった。
シモンはアスペルガー症候群で、触られることを嫌う。「僕に触らないで」って書いてあるバッジをつけて、規則正しく仕事場に通っている。
丸いものが好きで、食事もすべて丸くしないとダメ、食事を作る係は、サムの仕事、片づけはシモン、洗い物はフリーダ、決まった時間にシャワーを浴び、週の献立は決まっている。
物理、数学は天才的なのだが、兄以外信用できない。 そしてやはりフリーダと衝突してしまう。 サムとベッドにいるところに勝手に入ってきたところから、フリーダはキレて家を出てしまう。 そして、そのまま引っ越して行ってしまった。
落ち込むサム、シモンはフリーダのところに行き、なんとか戻ってもらいたいと、彼なりの言い方をするが、帰ってフリーダを怒らせ、「あんたが変わりな」と言われてしまう。
そしてもう一言「あんたの面倒を見れるバカ女を見つけな」と。 そしてシモンは考えるのだった…
 
この作品に出てくるシモンは、アスペルガー症候群なんですね。 この病気は決して知能的に低くはなく、むしろ天才的な面を持っています。 このシモンも天文学、宇宙、物理、数学には特に強い感じです。 映画もSF作品は好きで、ラブコメは大嫌い。 そして極端に人と付き合うことが苦手、というか無理なんですね。触られると強烈に拒否するからです。
でも兄のサムだけは、シモンが好きで、なんとか面倒を見ようとします。 ここが兄弟なんですね。でも兄には最愛の恋人が。
まあここでもう恋人とシモンは上手くいかないことがわかりますね。 そしてそれはサムとフリーダの破局が近いことが見えてしまいます。
変化を望まない、絶えず一定、円のような生活をすることこそシモンが安定していられる状態なので、フリーダがいなくなることはそれが乱されるんですね。 自分が原因ということはあまり気にしていないところがちょっと哀れですね。
何か見ていてイライラする作品なんですが、この後、イェニファー(セシリア・フォルス)が出てきて流れが変わってきます。
そしてシモンは兄のためあることを計画します。
それまでイラつきながらシモンを見ていたんですが、なぜかこの兄へのサプライズシーンにじわっと涙が出てくるんですね。
ふしぎなスウェーデン作品ですが、後味はいい作品でした。(G)
 
イメージ 1
両親は困ってサムを呼んだ
 
イメージ 2
同居を始めたシモンを職場に送るサム
 
イメージ 3
二人は仲がいいのだが…
 
イメージ 4
フリーダが出て行き、決定的な言葉を言われる
 
イメージ 5
そして出会うイェニファー
 
イメージ 6