anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

GODZILLA ゴジラ

 
1999年、日本人研究者の芹沢博士(渡辺謙)と助手のグレアム博士(サリー・ホーキンスはフィリピンの鉱山で謎の巨大古代生物の痕跡を発見する。 
同じ頃、日本の日本の雀路羅(じゃんじら)市にある原子力発電所に勤務するブロディ夫妻(ブライアン・クランストンジュリエット・ビノシュは、近づきつつある謎の振動と電磁波を探知する。 その振動によって炉心が異常をきたしたため、妻・サンドラは原子炉の調査に向かうが、奇怪な鳴き声と共に大きな揺れに襲われる。
国際学校にいた息子のサム(カーソン・ボルド)は、そこで大きな地震に見舞われた。 父と母が、発電所にいる。 不安そうな表情を浮かべるサムだった。
揺れはもう立ってられないレベルとなり、発電所は封鎖することになった。 しかしサンドラはまだ戻ってこない。 隔離されるゲートを手動にしてまで、ジョー・ブロディは妻の帰還を待っていたが、その望みはかなわなかった。 扉の向こうで妻は最後に 「サムをお願い」 と叫んでいた。
15年が経った。サム・ブ ロディ(アーロン・ジョンソン)は妻のエル(エリザベス・オルセン)と息子のフォードと共に暮らしていた。 爆弾処理の仕事を陸軍でしていた彼は久しぶりに家に帰ってきた。
しばらくゆっくりできると思っていた矢先にある連絡が入った。 それは日本で、父・ジョーが逮捕されたという連絡だった。 彼は急いで日本に向かった。
ジョーは放射能汚染により立入禁止区域となったジャンジラ原発跡地に侵入したため、逮捕されてしまったのだった。 父の住まいに行くと、なんと15年前の事件後どうしてここが隔離地域にされていることに不信感を持ち、ずっと調査をしているのだった。 そのための当時のデータは、以前住んでいた自宅にあるのだが、そこに近づけないでいるのだ。
しかしあるルートから連絡が入り、川を上りボートで、侵入することにしたジョーに、サムは着いて行くことにした。 汚染地域だったが、そこはクリーンだった。 早々にマスクを外すジョーは、一層ここが隔離されている理由が別にあることを確信した。 
家にはまだフロッピーディスクが残っていた。 しかしすぐに二人は見つかってしまい、拘束されてしまった。 原発跡地内に建造された研究施設に連れて行かれた二人は、そこが 「モナーク」 の管理下にある研究所だということを知ることになり、そこにあった巨大な繭を目にする。 
無気味に光る繭、未知の生物の繭らしい。 それがこの地域とどう関係があるのか? そこには芹沢博士と助手のグレアム博士がおり、その繭の研究、管理をしていた。 そして、 その繭はかつて原発事故が起きた際に観測された謎の電磁波と同じものを放っており、またも強大な揺れが起こりはじめた。
このままでは危険と判断した芹沢博士は、繭を諦め駆除することにした。 そして大きな電磁波を浴びせるのだが、いったん活動を停止した繭が再び光、その中から異様な物体が現れた。 そして施設を破壊し始めるのだった…
 
ゴジラ FINAL WARS」から実に10年ぶりの“ゴジラ”は、本気モードのアメリカ版ゴジラでした。設定は1954年の初ゴジラの続編と思っていましたが、さもあらず、全くのリブート作品でした。 しかし、前作の魚を食う“とかげゴジラ”とは、大きく違い、今回は重量感ばっちりのゴジラでしたね。
それもそのはず、大きさも過去最高のゴジラでした。108メートル、9万トン重厚感がありましたね。
総スカンだった1998年版はゴジラ FINAL WARS」では、”ジラ”という全く別種にされており、ないことにはかろうじてなってないのがせめてもの救いでしたが、今回は造形からして納得できるものでした。
予告編では、ゴジラは破壊神のような作りとなっていましたが、それは見てのお楽しみ。 もう結構ネタバレになっていますが、なるべくご自分の目で見て判断してほしいですね。
私としては、日本で生まれた“ゴジラ”に対してリスペクトを感じました。 そして劇中、初めて米軍に対してあることを芹沢博士が迫るシーンが印象的でした。 これは今までアメリカ映画ではなかったことと思います。
ゴジラ”は放射能、原爆、水爆とは切っても切れない関係にありますよね。 そもそも、核に対してゴジラをアンチテーゼと出していることから、このテーマは今回も大きく取り上げられています。
人間が手を出してはいけなかった核のツケを、描いていたこのシリーズ、また原点に戻された作品をアメリカで作られたことに何かを感じざるを得ませんでした。
それならこれはもう一回日本人の手でしっかりと作るべきかもしれませんね。 単なる怪獣作品ではなく、1954年版のような、ドラマとしてのゴジラを。 そう感じる作品でした。
 
イメージ 1
 
芹沢とグリエルが見つけた遺物
 
イメージ 2
度重なる水爆実験はある目的のためになされていた
 
イメージ 3
15年前サンドラは日本の原発で働いていたのだが…
 
イメージ 4
今は閉鎖されたその施設、立ち入り禁止区域に行く親子
 
イメージ 5
拘束され連れてこられた施設にいた芹沢
 
イメージ 6
そして現れたゴジラ、いったい彼は破壊神なのか?
 
イメージ 7