anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

クロニクル

 
高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)は、ある日突然ビデオを回し始める。 片時も離さず、全部撮ろうと思い立った。
彼は酒飲みで暴力的な父親、病気で寝たきりの母親のもと、学校でも一人ぼっちで過ごしていた。 いきなり撮られ始めた学校の生徒は、アンドリューを変な目で見ている。 
ある日、同じ高校に通ういとこのマット(アレックス・ラッセル)が、アンドリューをパーティーに誘う。 気が進まないアンドリューだが、ビデオを持ち込むことで、マットについて行くことになった。インテリで社交的なマットは早速お気に入りの女の子ケイシー(アシュレイ・ヒンショウ)を見つける。 彼女もビデオを回している子だった。 ブログにアップするためだった。 しかしビデオカメラを回していたアンドリューはいちゃもんをつけられて殴られてしまう。
マットとアメフト部のスター選手スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン)は、外で泣いていたアンドリューを見かねて、近くの洞窟探検に誘う。 二人に連れられて渋々ついて行くと、空き地にぽっかりと穴が開いていた。 夜なので中は見えない、二人は果敢にも入っていった。 ビデオで中を撮ろうと言われ、おっかなびっくりアンドリューも入る。 そしてどんどん奥に入っていくと、妙なものがあった。 人工的にも見え、何かの残骸にも見える鋭角的な物体。 3人はそれに触れると、不思議な感覚に襲われた。 そして穴を出た3人は、自分たちにこれまた不思議な能力が備わっていることがわかったのだった…
 
これは面白かったです! まあ前評判も高い作品ですが、どうして首都圏2週間限定上映なんですかね。 
舞台は何の変哲もない街、また3人はどこにでもいる高校生。 まあスティーヴはちょっとした人気者ですが、アンドリューは暗い高校生、なぜ思い立ったか、いきなりビデオを回し始める。 でもこれがポイントでした。 ここからすべての映像視点がこのビデオの視点なんですね。 唯一客観的な映像は、途中でてくるケイシーの撮っている映像です。 
ひょんなことから手に入れた超能力を、3人がどう使うのか? そこがまたポイントです。 いったい地下にあった謎の物質はなんなのか? それについては3人の想像の会話でしかありませんが、これが撮り方の妙でリアル感抜群なんですよね。 
そして3人はこの能力を生かして、ある3人だけの楽しみ方を見つけます。 しかしそれはやってはいけない事だったんでしょうね。 その能力が最後半端でないことになってしまいます。 リアル・マン・オブ・スティールでした。 「大友克洋」オマージュですね・・」
ネタバレしたくないので、ここまでしか書きませんが、秀作です。
 
 
 
イメージ 1
鬱屈した生活のアンドリュウ
 
イメージ 2
ある夜3人が見つけたものは
 
イメージ 3
謎の穴
 
イメージ 4
そして中に
 
イメージ 5
3人は変わっていく
 
イメージ 6