anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

地獄でなぜ悪い

2013年作品、園子温監督、國村隼堤真一二階堂ふみ友近長谷川博己星野源出演。
 
自主映画を撮っている高校生たち、平田純は生涯でただ1本、歴史に残る作品が撮れたら死んでもいいと思っている。  そんな中、高校生のけんかに出くわした平田達、つまらない素人のにわか役者の演技より、熱い学生たちのタイマン張っている姿に、何かを感じた平田は、彼らを撮りはじめる。 
喧嘩をしていた男の中の一人が彼らについてくる。 そして平田達は自分たちの隠れ家に案内をする。 それはある街の映画館の映写室だった。 そこにいる初老の男(ミッキー・カーチス)、彼はそこを若い者たちに自由に使っていいと言う。 喧嘩をしていた男に平田は言う 「お前は日本のブルース・リーになれ」。
そんなある日、血だらけの男を見つけた。 組の抗争で生き残った池上純(堤真一)だったが、彼は武藤組の組長・武藤大三(國村隼)を殺しに行ったが、その時武藤は愛人に新たに店のママにしているところだった。 留守を守っていたのは妻のしずえ(友近)だったが、これが強いのなんの、包丁1本で池上以外すべて殺してしまった。 その足で警察に駆け込んだしずえは、そのまま過剰防衛で逮捕、そして刑務所に入ってしまったのだった。 生き残った池上は、今までの組を一新し、すべて和風に変え、組をすっかり自分の物にした。そして武藤組に休戦の申し入れをした。 そして10年がたった…
武藤には一人娘がいた。 ミツコ(二階堂ふみ)といい、10年前彼女はCMが大ブレークした人気アイドルだった。 しかし母親が過剰防衛の殺人犯となり、CMは打ち切り、彼女は女優の夢が遠のいたのだった。 しかし、しずえが釈放になる日が近づいてくるほどに、武藤はしずえの夢、娘を大女優にして主演映画に出す、これの実現に躍起になっているのだった。 しかし娘のミツコが行方不明となってしまうのだった…
 
前2作で、「ヒミズ」「希望の国」と、重いテーマに果敢に挑んだ園監督、しばらくテレビの「みんな!エスパーだよ!」にかかり、ハジケさを取り戻した監督の最新作、堪能してきました。 
キャストは園監督の過去作品で活躍した、二階堂ふみ、でんでんに加え、売れっ子を集めましたね。 ヒット作に立て続けに出ている國村隼堤真一、そして最近メキメキと売り出し中の長谷川博己星野源、そして友近、何とも贅沢なキャスティングですが、そんな主役級の俳優陣にここまでやらすのかという、血がいっぱい出るハジケ飛んだ作品でした。 でもその監督の作品に出ている俳優は、何か躍動感があるんですよね。 何かもう突き抜けた感じがするんです。 「冷たい熱帯魚」のでんでん、「ヒミズ」の染谷君と、ふみちゃん、そして「希望の国」の夏八木勲さんみんな迫真の演技でした。
どうやら、監督の作品に出たいと言う俳優さんが多いらしいですね。 この作品でもそれは生きていましたね。 また、なんといっても映画愛を久しぶりに感じる作品でもありました。「一生に一度凄い作品を撮る、撮れたら死んでもいい」そう言う長谷川扮する平田は、園監督の若いころ、いや今でもそう言って映画を撮っているんでしょうね。 この作品は、今やメジャーとなった監督が、自分の自伝映画として撮っていると言うことです。私は隠し味っぽく、坂口拓を出しているところが良かったですね。「SUSHI TYPHOON 」作品に多く出ている、大好きな役者です。園監督、まだまだいっぱい撮って、頑張ってほしいですね。
 
イメージ 1
ミツコの母・しずえ
 
イメージ 2
しずえが出所してくる、慌てる武藤
 
イメージ 3
この男に映画を撮らせる
 
イメージ 4
彼女を主人公にして
 
イメージ 5
ほんとの抗争劇を撮る
 
イメージ 6
本物だから半端じゃない
 
イメージ 7
巻き込まれちゃった男
 
イメージ 8