anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

SKIN 短編

2018年作品、ガイ・ナティブ監督、ジョナサン・タッカー ジャクソン・ロバート・スコット ダニエル・マクドナルド ロニー・チャビス出演。

とある一家が友人らと共に湖を訪れる。 一同は皆入れ墨をしており、それにより彼らがネオナチであることがわかる。 ジェフリー(ジョナサン・タッカー)は息子のトロイ(ジャクソン・ロバート・スコット)が射撃でターゲットに命中できるかどうかで賭けをする。 トロイはターゲットを撃ち、ジェフリーは賭けに勝つ。
トロイの一家はスーパーに向かう。サッカー台でトロイは玩具を持っているアフリカ系の男性のジェイディー(アシュリー・トーマス)と目が合い、2人は微笑み合う。 だがそれに気付いたジェフリーは息子が因縁をつけられていると言いがかりをつけ、人種差別的な暴言を浴びせる。 ジェイディーは問題があるのはジェフリーであると反論した後に立ち去る。 ジェフリーは仲間たちとともに、駐車場でジェイディーに暴行を行った。 車に乗っていたジェイディーの妻は警察に通報する。 トロイはその一部始終を店から目にする。
後日、遊びから帰るジェフリーとトロイは道中を塞ぐバンと遭遇する。 ジェフリーがバンに近づくと彼は黒人グループにより拉致される。 ジェフリーはどこかのガレージに監禁され、数日以上にわたり入れ墨を施される。

監督はガイ・ナティブ、これは長編作品があり、そちらも彼が撮っています。
ジェフリー役はジョナサン・タッカー、「チャーリーズ・エンジェル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/03/05/060000 に出演していました。
ジェイディー役はアシュリー・トーマス、どうやら記事はない様です。

今作は長編のある人物の自伝的な作品の前振りのような、またこういう世界があるという導く様な作品ですね。 最初の設定は長編と似ていますが、物語としてはこの短編の方が衝撃的で破滅的ですね。
しかしネオナチ、KKKという差別主義者は、アメリカにやはり根強くいるんですね。 こういう現実を見ると、まだ日本はそこまで根が深くないと思ってしまいますが、あらゆる差別がなくなる世の中は来ないのではないか? そう感じてしまいます。 世の中の戦争、紛争は、根本的にはこういう思想がベースになっている気もします。


f:id:anttiorb:20220120195311j:plain

f:id:anttiorb:20220120195313j:plain

f:id:anttiorb:20220120195319j:plain

f:id:anttiorb:20220120195321j:plain

 

The Hand of God

2021年作品、パオロ・ソレンティーノ監督、フィリッポ・スコッティ トニ・セルヴィッロ テレーザ・サポナンジェロ マーロン・ジュベア出演。

パトリツィア(ルイーザ・ラニエリ)がバスを待っていると、車に乗った謎の男に声を掛けられる。 自分は守護聖人で、子どもができない理由を説明してあげるからと言って車に乗せて、家に連れて行く。 そこには修道士の霊:モナシエロとおぼしき少年がいた。 その少年がパトリッツィアの鞄にお金を忍ばせた。 頭にキスをするよう言われ、かがむと守護聖人の男からおしりを触られた。「これで子を授かることができる」と言われた。
帰宅するとフランコ(マッシミリアーノ・ガッロ)が、また体を売ったのかとパトリツィアを責め立てて殴りかかる。 彼女は自室に逃げ込んで姉に電話で助けを求め、姉夫婦(トニ・セルヴィッロ、テレーザ・サポナンジェロ)は息子のファビエット(フィリッポ・スコッティ)が運転するバイクに3人で乗ってやってきた。
自宅の上の階に住んでいる婦人科医の男爵夫人が会いに来る。 彼女とのおしゃべりに付き合いながら夫の合図でベランダに出るファビエットの母。 バイクに乗ったファビエットと夫に口笛の合図を返す。 口笛で会話するのは夫婦の間の愛情表現だった。
週末、アジェーロラで妹の結婚相手に会うために親族が集まった。 緑豊かで、小高い場所にあるその家からは海が見渡せる。 偏屈なジェンティーノ婦人の発言を親戚一同がいつものこととして聞き流したり、近況を話していた。
妹のルイセラ(Viviana Cangiano)が婚約者を連れてやってきた。 70歳で声を発することができないので、機械を喉に押し当てながら話す男だった。 親族一同でボートに乗って海に泳ぎに行き、ファビエットの両親は仲良く2人で泳いでいた。 ボートにあがると、パトリツィアが全裸で日光浴していた。 その様子を親族全員唖然として見つめる。男数人が操縦する密漁船が海上警察に追われている様子を横目で見ながら、家へと帰ってきた。
俳優志望のファビエットの兄はオーディションに行くが、古風な顔だと言われ落とされたと言われる。美しい女優の写真に見惚れるファビエットだった。

監督はパオロ・ソレンティーノ、「グランドフィナーレ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14068699 を記事にしています。
主役の少年・ファビエット役はフィリッポ・スコッティ、今作が日本で初めて見れる出演作でしょうか。
パトリツィア役はルイーザ・ラニエリ、「アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/12/05/060000 に出演していました。

この時代背景は、あのディエゴ・マラドーナの全盛期、ワールドカップで“神の手“のゴールを挙げ、ナポリに入団、そしてナポリを奇跡的な優勝に導いた時、ナポリの人が熱狂した時代でしたね。

そのいっときの少年の成長譚で、コメディタッチで進行していくんですが、中盤以降急展開でしたね。 兄と弟の生き方の違いもなんか青春の一片でした。

 

f:id:anttiorb:20220120194626j:plain

f:id:anttiorb:20220120194624j:plain

f:id:anttiorb:20220120194639j:plain

f:id:anttiorb:20220120194642j:plain

f:id:anttiorb:20220120194649j:plain

f:id:anttiorb:20220120194651j:plain

f:id:anttiorb:20220120194657j:plain

 

見える子ちゃん ①

2021年作品、小川優樹監督、雨宮天 本渡楓 佐倉綾音 遠野善声の出演。

第一話 見える?

なんの変哲もない女子高生・四谷みこ(雨宮天)の日常。
通学し、授業を受け、帰宅し、弟と怖いテレビ番組を観たり。  そんなみこに、ひたひたと忍び寄る影。 それはなんの前触れもなく、 突如みこの視界に入り込んだ。最初は気のせいかと思った。  幻覚だと思った。疲れているだけと思おうとした…… しかし『それ』は確かに見えている。

第二話 超見える

ヤバいやつらはどこにでもいる…… 街、学校、友人の背後。 やつらは至るところに存在している――そしてほとんどの人は『見えない子』。  親友のハナ(本渡楓)もそのひとり。みこに見えるものが、ハナには見えない。  見えない故の能天気が、見えるみこを思わぬ事態へ巻き込むことに…… みこはそれでも『見えない』フリを貫き通せるのか。

監督は小川優樹、作品をるのは初めてですね。
みこの声を雨宮天、「心が叫びたがってるんだ。」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13481938 で仁藤菜月役をしていました。
ハナ役は本渡楓、「未来のミライ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15611444 に参加していました。

今作はちょっと表現がきつい感じですが、見えてしまう人の日常を描いたアニメですね。 ここまで不気味に描くのはどうかとも思いますが、でもある程度強烈に見えてしまう人の日常はこうなのかもしれませんね。 この1話、2話は導入部の様ですね。


f:id:anttiorb:20220118210825j:plain

f:id:anttiorb:20220118210827j:plain

f:id:anttiorb:20220118210833j:plain

f:id:anttiorb:20220118210835p:plain

 

処刑男爵

1972年作品、マリオ・バーヴァ監督、ジョセフ・コットン エルケ・ソマー マッシモ・ジロッティ ラーダ・ラシモフ出演。

ウィーンの空港に到着したピーター(アントニオ・カンタフォラ)は出迎えに来ていた叔父のカール(マッシモ・ジロッティ)と落ち合う。 彼がはるばるオーストリアにやって来たのは父方の先祖である男爵の秘密を知りたいからだった。
カールは空港からの道中で現在はホテルに改築中の男爵の城にピーターを案内する。 そこでは文化財である城を守るために現場監督のドルトムント(ディーター・トレッスラー)に細かく口出しをするエヴァ(エルケ・ソマー)と出会う。
ピーターの祖先である男爵は「処刑男爵」と呼ばれ、自分を批判する人物をことごとく串刺しにして城壁に飾った。
その後、守衛のフリッツ(ルチアーノ・ピゴッツィ)が拷問具が沢山置いてある地下室でエヴァを脅かして遊び、軽く騒動になる。
その夜、カールはピーターとエヴァを自宅の夕食に招待したのだが、末娘のグレッチェン(ニコレッタ・エルミ)は学校帰りに城で肖像画にそっくりな処刑男爵を目撃したと話していた。

監督はマリオ・バーヴァ、「知りすぎた少女」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/01/18/180000 から記事は2作目ですね。
主演はピーター役でアントニオ・カンタフォラ、初めて見るイケメン俳優(当時)ですね。
ヒロインはエルケ・ソマー、彼も初めて出演作を見ます。

今作は一転して、妖怪になってしまった恐ろしい殺人鬼のお話です。 その子孫の青年がその男爵の秘密を調べに来ますが、それが封印を解いてしまい、恐ろしい連続殺人、犠牲者が次々と。
しかし最後は意外な結末でしたね。

 

f:id:anttiorb:20220118211330j:plain

f:id:anttiorb:20220118211332j:plain

f:id:anttiorb:20220118211338j:plain

f:id:anttiorb:20220118211341j:plain

f:id:anttiorb:20220118211347j:plain

f:id:anttiorb:20220118211350j:plain

f:id:anttiorb:20220118211356j:plain

 

ヤクザプリンセス

2021年作品、ヴィセンテ・アモリン監督、MASUMI ジョナサン・リース=マイヤーズ 伊原剛志 尾崎英二郎監督、

一人寂しく暮らす孤児のアケミ(MASUMI)はある日、凶悪なヤクザ・タケシ(伊原剛志)から命を狙われ始める。 彼女を救ったのは、記憶喪失の男・シロ(ジョナサン・リース=マイヤーズ)。 彼は、アケミの祖父が大事にしていた妖刀ムラマサを持っていた。 実はアケミは、亡くなったヤクザ一族トップの末娘として生まれながらも、自分がヤクザの血を引いていることをこれまで知らずに生きてきたのだ。 だが、シロとの出会いですべてを悟ったアケミは、自分を裏切り、家族を殺した連中を一人残らず抹殺すると誓う……。

監督はヴィセンテ・アモリン、「善き人」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13580116 を記事にしていますね。
主演はMASUMI、歌手である彼女は女優としていきなり主演作となりますね。
ジョナサン・リース=マイヤーズは、「ストーンウォール」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14665067 に出演していました。
日本からは伊原剛志、「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/04/12/060000 に出演していました。
もう1人尾崎英二郎、「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14392597 に出演していましたが、日米を股にかけた国際俳優さんですね。 英語が堪能で、こういう人が世界で通用する日本人なんでしょうね。

今作で抜擢を受けたMASUMIは、シンガーソングライターとしても活動しているということで、劇中歌うシーンも入っています。 ヒロインというよりも妖刀村正を扱う女剣士という設定で、ヤクザのただ1人生き残った女性で、もし好評だったら、今度は日本ロケで続編ができてもおかしくない、そんな作品作りをしていますね。
ただ、日米伯剌西爾合作なんでロケ地はバラエティに富んでいますが、アクションはもう一つ、特に刀同士の斬り合いにもう一工夫が欲しかったですね。 続編に期待したいところです。

 

f:id:anttiorb:20220118193207j:plain

f:id:anttiorb:20220118193210j:plain

f:id:anttiorb:20220118193216j:plain

f:id:anttiorb:20220118193228j:plain

f:id:anttiorb:20220118193234j:plain

f:id:anttiorb:20220118193240j:plain

f:id:anttiorb:20220118193245j:plain

 

99.9-刑事専門弁護士- 完全新作SP 新たな出会い篇

2021年作品、木村ひさし演出、松本潤 香川照之 杉咲花 片桐仁 マギー出演。

99.9%有罪と見なされた案件でも、残された0.1%の事実を納得するまでとことん追求して無罪を勝ち取る弁護士・深山大翔(松本潤)。 彼が勤める斑目法律事務所は所長が佐田篤弘(香川照之)に変わっていた。 その就任パーティー会場で、佐田は大手自動車メーカーの会長・若月昭三(石橋蓮司)から、新米弁護士の孫娘を斑目法律事務所で育ててほしいと頼まれ、快諾する。
一方、深山は拘置所依頼人大島浩二(児嶋一哉)のもとにいた。 大島は下着の窃盗犯で逮捕、起訴されていた。 大島は否定するものの、状況証拠からは有罪は揺るぎない。 そもそもこの案件の弁護は河野穂乃果(杉咲花)が担当していて、情状酌量を勧めたものの、絶対にやっていないと言う大島が無罪を勝ち取るために深山に依頼替えをしたのだ。
深山はさっそく大島の話をもとに気仙沼へ向かう。 そして、なぜか穂乃果もついていくことに。 そこで、2人は命の危機に晒されることになる。
数日後、斑目法律事務所にやって来た穂乃果。 彼女は若月の孫娘だったのだ。 そして、穂乃果は刑事弁護で働かせるように佐田に要求する。 そこには、気仙沼で深山に散々な目に遭わされた穂乃果のある思惑があった。 そもそも若月からは民事の弁護士として育てるよう依頼を受けていた佐田だったが、穂乃果の要求を受け入れて、若月には秘密で刑事弁護で働かせることになる。
そんなある日、政治家の収賄事件の依頼が舞い込む。 次期市長候補と目される岡部康行(戸次重幸)が賄賂を受け取ったとして逮捕されたが、岡部は否認していた。しかし、賄賂を送った円谷は罪を認めて、すでに有罪が確定。もはや結審した収賄事件をひっくり返すのはほぼ不可能に近かった。深山と佐田は円谷の弁護を担当していた南雲恭平(西島秀俊)に話を聞きに行くが、温厚な顔の裏に隠されたグレーな弁護手法を感じ取り警戒を強める。
そして、南雲は深山が担当する裁判の検察側とも裏で接触していて、深山たちの前に立ちはだかる。
はたして、深山は事実を見つけ出すことができるのか!?

今回のスペシャル版は映画の前日譚になっていますね。そしてまずは新たなヒロインの登場です。そのあたりは映画版で https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/01/06/060000
岡部市議会議員役で戸次重幸、「劇場版 がんばれ!TEAM NACS」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/09/06/060000 が近作となります。
秘書の植木役で平岩紙、「At the terrace テラスにて」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14802093 に出演していました。

映画版にも描きましたが、映画の前日譚になっており、映画だけを見ても、ちょっと繋がりがなくなってしまいます。 ドラマ版はこのスペシャル版につながっていて、結局一挙放送で全部見ないとわからない、楽しめない作りですね。
ただ、このシリーズは基本主役に優しくなっていますね。 まあ検察勢力が唯一の敵となっていますが、かといって最終的には正義が通る作りも、なんか優しいんですね。
これを見てからの映画版、前後編の様ですね。

 

f:id:anttiorb:20220118210013j:plain

f:id:anttiorb:20220118210016j:plain

f:id:anttiorb:20220118210021j:plain

f:id:anttiorb:20220118210024j:plain

 

ファンタジー・アイランド 

2020年作品、ジェフ・ワドロウ監督、マギー・Q マイケル・ペーニャ ポーシャ・ダブルデイ キム・コーツ出演。

あらゆる夢が叶う島だと話題のファンタジー・アイランド。 その島へ行くには、島の持ち主で経営者でもあるミスター・ローク(マイケル・ペーニャ)から選ばれた者達だけであった。 招待されなければ島へ入ることも滞在することも許されない、正に夢の島である。
その日、5人の招待客が島へ到着。黒髪で落ち着きのある大人の美人グウェン(マギー・Q)、金髪の若い女メラニー(ルーシー・ヘイル)、爽やかな青年パトリック(オースティン・ストウェル)とアジア系の眼鏡の青年ブラックス(ジミー・O・ヤン)に彼の義理の兄弟である。 5人は島のスタッフにより歓迎され、バーでそれぞれに夢を叶える方法について意見を出し合う。 ホストのロークと挨拶を交わし、直接彼からルールを説明された。
それは、夢は1人につき1つだけで、その結末がどのようなものであっても最後まで見届けるというものだった。 ロークは自らをただの執事だと自己紹介し、まずブラックスと彼の義理の兄の夢を叶えると言うのだった。
辺りはすでに暗闇に包まれているが、道を先導するロークについて行くとそこでは、盛大なパーティーが催されている。 水着姿の若い女性と筋骨逞しい男性が兄弟を迎え、彼らは存分に夢を楽しんだ。
翌朝、ロークから呼び出されたグウェン。 彼女は5年前に別れた恋人のプロポーズを断ってしまった後悔を抱えていた。 ロークはグウェンにプロポーズを受けて後悔を晴らせばいいとその場を演出し提供。 ところが、恋人との会話で現在の彼ではないと察した彼女は、希望とは違うとロークへ苦情を訴えた。 過去の後悔を晴らしたところで、現実は変わらない。 だが、ロークは彼女と取り合わず、状況を受け入れるか否かは自分次第だと告げ、扉の向こうへ消えてしまう。
パトリックの夢は軍隊へ入ることだったが、母親からの強い反対により軍隊へは入隊できず警官になった。 対して、メラニーは幼い頃、成長が遅かったことが原因でクラスメイトから虐められてきた。 そのため、彼女はセラピーに参加させられ、そこでも酷い目に遭ったらしい。故に彼女の夢はいじめっ子への復讐だった。

監督はジェフ・ワドロウ、「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/11160639 を記事にしています。
ローク役はマイケル・ペーニャ、「ジェクシー! スマホを変えただけなのに」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/08/22/060000 に出演していました。
グウェン役はマギー・Q、「ダイバージェント」シリーズ https://anttiorb.hatenablog.com/entry/11880662 に出演していましたね。

なんでも願いが叶う島、もしあったとしたらいきたくはなりそうですが、でもそこだけだったら実生活に戻るのは難しくなりそうですね。 見ていくと、壮大なフェイクのドラマを作っている様な島に思えるんですが、でも芝居を超えたマジな展開になっていくと、じゃあ一体どうやって思ったことが叶っていくんだろう? という疑問が湧いていく作品でしたね。
また島での夢の実現の効力って、なんて思うとちょっとこんがらがるお話でしたね。 一言で言うと、もうちょっと辻褄が合う展開を求めたくなりましたが。

 

f:id:anttiorb:20220118194632j:plain

f:id:anttiorb:20220118194634j:plain

f:id:anttiorb:20220118194641p:plain

f:id:anttiorb:20220118194644j:plain

f:id:anttiorb:20220118194703j:plain

f:id:anttiorb:20220118194705j:plain

f:id:anttiorb:20220118194711j:plain